年収100万円以下の30代女性、多額の奨学金返済に「食費すら足りない」「生活費がカツカツ」

近年、学生時代に借りた金額の返済に追われるケースが多発している奨学金制度。この記事では、編集部が実施したアンケートで得た回答の中から、奨学金を返済するために食費や被服費まで制限している30代女性のエピソードを紹介します。

年収100万円以下の30代女性
年収100万円以下の30代女性のエピソード
優秀な成績を収めた学生や、経済的困難を抱える生徒を支援する奨学金制度。近年、学生時代に借りた奨学金の返済に追われるケースが多発しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済の苦悩、現行制度への思いなどを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答の中から、奨学金を返済するために食費や被服費まで制限している30代女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:大阪府大阪市
家族構成:未婚(子なし)
住居形態:その他
職業:その他
年収:100万円以下
現在の貯金額:100万円以下
 

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):123万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構の令和2年度学生生活調査結果によると、全国の大学生の49.6%が奨学金制度を利用しています。
 

奨学金の返済で圧迫される家計「生活費がカツカツ」

大学の学費や生活費、参考書代などを賄うために奨学金を借りた回答者。奨学金の返済を続ける現在の生活について、「月々返さないといけないからしんどい、家計から抜き去っていかれる、生活費がカツカツ、物が自由に買えない、娯楽を抑える、行きたいところに自由に行けない、服も買うものも値段を抑える」と不自由を感じていると明かしました。

また、奨学金の返済によって生活費が失われ、「食費すら足りない」ことがあると告白。奨学金が女性の暮らしに大きな負担をかけている様子がうかがえます。
 

膨らむ奨学金の悩み「額が多すぎて返せるか不安」

奨学金に関する苦悩を尋ねると、回答者は「額が多すぎて返せるか不安」「返してもしょうがないのではないか、次の人に回ると言っても、自分が返す必要はないのではないか」と、多額の返済義務を抱えた苦しみと率直な感情を打ち明けました。

加えて、「額を支払える分に時々変えている、一括で払うか分割で払うかあるときに支払う。職場の変更時に一時的に支払いを止める」と、職場の変化に合わせて返済を工夫している旨を告白。張り詰めている現状を話しています。
 

「制度がおかしすぎる」

アンケートの最後に、回答者は「大学生の奨学金は勉学の上で無償にすべき」と、奨学金に対する願望を述べました。あわせて、「返金額が多い、制度がおかしすぎる」と奨学金制度への不満を吐露。

生涯にわたって苦しむことなく学生が教育を受けるために、奨学金制度のさらなる改善が求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ