年収280万の30代女性、700万円の奨学金の額を知らず「金額を聞けば進学しなかった」「結婚のハードルになっている」

返還に苦しむ人が後を絶たない奨学金制度。この記事では、アンケートで得た回答をもとに、金額を知らないまま大学進学のために700万円の奨学金を借りた30代女性のエピソードを紹介します。

年収280万の30代女性
年収280万の30代女性のエピソード​​​​​​
金銭的な事情で進学をためらう学生や、優れた成績を収めた学生に対して教育費を支援する奨学金制度。奨学金を利用して卒業した後、その返還に苦しむ人が多く存在しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や、返済の不安などを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答をもとに、金額を知らないまま大学進学のために700万円の奨学金を借りた30代女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:兵庫県西宮市
家族構成:既婚(子なし)
住居形態:賃貸
職業:業務委託
年収:280万円
現在の貯金額:20万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):約700万円
奨学金の月々の返済額:5万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、奨学金制度を利用している大学生の割合は49.6%であり、現在も半数近くの学生が奨学金を利用して大学に通っています。
 

「大学へ行くべき」母に言われて奨学金を利用

母親の一言をきっかけに、大学進学を決めた回答者。奨学金を利用した理由を尋ねると、「家庭の経済上国公立に行くべきだったが、合格した大学が私立の芸術大学でした。母一人では全額支払うことは元々難しかったため奨学金を利用しました」と話しました。

大学への進学を決意した経緯については、「高校卒業してからは就職するか進学するなら専門学校を望んでいたのですが、母が大学に進学するべきだと言われたのがきっかけで大学に進学」と語っています。
 

額を知らずに背負った700万円の奨学金「金額を聞いてびっくりした」

回答者が進学したのは私立の芸術大学。700万円もの奨学金を借りていると把握しておらず、「借りている金額を知らなかったことで、金額を聞いた時にびっくりした。金額を聞けば進学しなかったと思う」と驚いた当時の心境を明かしています。

加えて「結婚を考えた時に相手に、700万近い金額を借りることって人生の中ではなかなかないことなので理解してもらえるのか不安だった」と話しており、700万円の負担が結婚のハードルになっていた旨が伺えました。
 

「もっと母親と話し合うべきだった」

奨学金に関する後悔を聞くと、回答者は「利用する上で奨学金にどういった種類があるのかを調べれば良かったと思う」と告白。

「もっと母親と話し合って奨学金選び、初めから支払う金額を把握して返済の計画を立てていけば今抱えてる悩みはもう少し減っていただろうと思う」と、母親に任せて多額の奨学金を背負ってしまった悔いを述べました。

奨学金には民間団体が設けた制度も多く存在するため、利用を考えている人は日本学生支援機構の制度と合わせて民間団体の奨学金についても調べるとよいでしょう。
 

“当たり前”に借りた当時への後悔「やりたいことの意思があるか」

現行の奨学金制度や世間の風潮について、「時代的に大学に進学しなければならなくなっていて、当たり前に借りれてることがいけないと思う」と、奨学金を利用した進学が一般化しつつある現状に警鐘を鳴らした回答者。

アンケートの最後には、「やりたいことの意思がはっきりあるかの制裁は不可欠だとも思う」と、社会の固定観念にとらわれず、自分自身と向き合って方向性を考えることの重要性を話しました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化