年収300万の20代女性、奨学金で婚活が不利に「借金背負ってるってことだよね?」

学生の教育費や生活費を支援するために設立された奨学金制度。この記事では、編集部の独自アンケートで得た回答の中から、学生時代の想像を上回る返済の苦しみを体験している20代女性のエピソードを紹介します。

年収300万の20代女性
年収300万の20代女性のエピソード
学生の教育費や生活費を支援するために設立された奨学金制度。金銭的な事情で進学をためらう学生を支える制度である一方で、社会に出てから奨学金の返済に苦しむ人が後を絶ちません。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金を利用した経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済の不安、現行制度への要望などを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答の中から、学生時代の想像を上回る返済の苦しみを体験している20代女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:東京都大田区
家族構成:独身(子なし)
住居形態:賃貸
職業:正社員
年収:300万
現在の貯金額:50万円
 

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):200万円
奨学金の返済残高:60万円
奨学金の月々の返済額:1.5万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が実施した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では全体の約半数にあたる49.6%の学生が奨学金を利用しています。
 

兄弟で4年制大学へ、進学の条件は「奨学金の利用」

回答者には2歳差の兄弟がおり、それぞれ4年制大学に進学したとのこと。奨学金を利用した経緯を尋ねると、「毎月の授業料の出費が多くなるため、奨学金を利用することにした」と話しました。

続けて、「元々、親から言われたのは大学に行くのであれば全額は負担するのはきついため、奨学金を利用することが進学の条件でもあった」と、兄弟での大学進学によって家計が圧迫され、親から奨学金の利用を提示された過去に言及しています。
 

「相当きつい」イメージできていなかった返済の重荷

現在、毎月1万5千円ずつ奨学金を返済している回答者。「学生の時は、月々の返済が15000円ということにあまり現実味が帯びず、イメージができていなかったが、実際してみると、相当きついことがわかった」と、奨学金の返済に苦しむ正直な心境を打ち明けました。

加えて、返済で不安に思った経験を尋ねると、「口座にお金を入れるのを忘れていて、引き落としができていなかったときに、実家にハガキで通知が届いたこと。個人信用機関に登録されてしまったかと思い不安になった」と、信用情報に傷がついたとまで考えた苦いエピソードを告白。

毎月の奨学金返済が回答者の心に大きな負担を与えている様がうかがえました。
 

婚活で不利に「借金背負ってるってことだよね?」

回答者が進学した私立大学では奨学金を借りている人が多く、学生時代は奨学金の利用を当たり前だと感じていたそう。「新卒で入社した会社の同期と奨学金の話になったとき、奨学金を借りていない人が半数おり衝撃を受けた」と、就職した後の価値観の変容を話しています。

また、「婚活をする際に『奨学金って借金背負ってるってことだよね?』と言われた」と婚活での苦い体験を打ち明け、「自分の思ってる以上に奨学金を返している人間に対してのマイナスイメージがあることを知り、ショックを受けた」と、当時の心境を振り返りました。
 

「返済のイメージができない状態で申し込むことになってしまった」

現行の奨学金制度に関する意見を尋ねると、回答者は「あまりにも利子が高い。実際に借りた額の2、3割は多くなってしまっており、大学卒業後10年以上もの間、借金を背負わされることになる」と、利子によって大幅に膨らむ返還額への懸念を示しました。

最後には、「大学生当時は社会の仕組みもよくわかっておらず、自分に返済イメージがうまくできない状態で奨学金を申し込むことになってしまっていた」「もっと社会について勉強する機会が必要だと思った」と、奨学金を申請した当時の自分と社会体制に言及。

学生が悔いなく奨学金を返還できるよう、制度の運営側は事前の教育システムを整える必要があるのかもしれません。


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望