「我が子には借金させない」年収480万円の30代男性、奨学金返還に対する不安と苦労

経済的困難を抱える学生や、成績優秀な生徒の教育費を支援する奨学金制度。この記事では、編集部が実施したアンケートの回答をもとに、大卒資格をとるために奨学金制度を利用した過去の自分に疑問を感じている30代男性のエピソードを紹介します。

年収480万円の30代男性
年収480万円の30代男性のエピソード
経済的困難を抱える学生や、成績優秀な生徒の教育費を支援する奨学金制度。学生の進路を広げる大きな助けとなる一方で、長期にわたる返済の負担に悩み苦しむ人も存在しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金を利用した経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済の不安、現行制度に対する意見などを聞きました。

今回は、アンケートで集めた回答の中から、大卒資格をとるために奨学金制度を利用した過去の自分に疑問を感じている30代男性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:30代男性
在住:埼玉県川口市
家族構成:既婚(子あり)
住居形態:持ち家(戸建て)
職業:正社員
年収:480万円
現在の貯金額:10万円
 

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):約400万円
奨学金の月々の返済額:約2万円
奨学金以外に借入しているもの:なし

独立行政法人日本学生支援機構の令和2年度学生生活調査結果によると、奨学金制度を利用している大学生の割合は49.6%と、約半数の値となっています。
 

奨学金を借りた理由は「大卒の資格取得」のため

大学進学のために奨学金を利用した回答者。借りた理由を尋ねると、「世の中が、出世、賃金アップが大卒での企業採用が必要な時代であったので、奨学金をかりて行けると知り、大学費用として使用させて頂きました」と述べました。

また、「高校までは親に出していただきましたが、自営業のため大学は出せないと言われました」と、家庭の事情にも言及しています。
 

月々の支払いに感じる心配「いつか払えなくなるのではないか」

回答者は毎月2万円ずつ奨学金を返還しているとのこと。現在の心境について、「月々の支払いに苦労している」「現在働いているが、仕事を失ったらいつか払えなくなるのではないかと日々心配している」と、職を失って奨学金を返せなくなる事態への不安を明かしています。

加えて、「社会人22歳、45歳完済でのローン返済です。23年間返済し続けないといけない」と、返還完了への長い道のりに言及しました。
 

「大学生活が本当にためになったのか」残る疑問

学生生活について疑問と後悔を抱く回答者。「大学生活が本当にためになったのかと疑問と後悔がある。目的が当時、大学卒だけのほしさだけであったので、もっと明確を持って行動すれば良かったと後悔している」と、大学卒業の経歴を得るためだけに奨学金を借りて過ごした当時への悔いを告白しました。

当時の状況とは異なり、確実に奨学金を返済するために「本業以外に副業をして、収入をあげることを考え、マイナスをしっかり返していける目標を立てている」とゴールを掲げる現在についても語っています。
 

子どもには苦労をかけさせたくない「できる限り借りない方向へ」

アンケートの最後、回答者は「自分には子供がいるので、この苦労をかけさせたくないのでできるかぎり借りない方向に進んでいきたいと思う」と、自分の子どもに対する思いを話しました。

20年以上にわたって返済が続く場合も多い奨学金。利用する前に、その必要性を親と子ども双方が考えるべきなのかもしれません。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」