奨学金返済で「友人の誘いに乗れない」、年収200万の20代女性「自由に使えるお金がない」「生活が苦しい」

学生を支援するために設けられた奨学金制度。この記事では、編集部が実施したアンケートの回答から、奨学金の返済によって自由に使えるお金がなくなり、友人からの誘いを断わらざるを得ない状況にある20代女性のエピソードを紹介します。

年収200万の20代女性
年収200万の20代女性のエピソード
大学や大学院に通う学生を支える奨学金制度。金銭面で苦しい生活を強いられる学生を支える制度である一方、卒業後に返済に苦しむケースが多発していることでも話題を呼んでいます。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金を利用した理由や返済にまつわる不安、現行制度への意見などを聞きました。

今回は、アンケートで集めた回答の中から、奨学金の返済によって自由に使えるお金がなくなり、友人からの誘いを断わらざるを得ない状況にある20代女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:兵庫県神戸市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:持ち家(戸建て)
職業:正社員
年収:250万円
現在の貯金額:200万円
 

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):約500万円
奨学金の月々の返済額:10万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が実施した令和2年度学生生活調査によると、全国の大学生の49.6%、短大生の56.9%が奨学金制度を利用しています。
 

親を気遣って奨学金を利用「全ての学費を支払ってもらうのは申し訳ない」

奨学金を利用した理由について回答者に尋ねると、「親に全ての学費を支払ってもらうのは申し訳ないと感じたため、どうにか将来時間がかかってもいいから自分で学費を払っていきたいと決めたからです」と親を思って奨学金を借りた当時の思いを告白。

また、「奨学金を利用することを親も反対せず、むしろ勧めてくれたからです」と、親の勧めを受けた旨も明かしました。
 

「友人と楽しい時間を過ごすのも難しい」

回答者は現在の状況について、「普段の私生活において自由に使えるお金がかなり少ないため、友人との楽しい時間を過ごすもの難しく感じています」と、奨学金を利用していない人と比べて生活が苦しく、楽しい時間を過ごせていない事実を明かしました。

「友人が何度も月に誘ってくれるのですが、奨学金返済のためにそこにお金を費やさなければいけないため、毎回の誘いに乗ることができないです。そのため、奨学金を利用していなければもっと自由に自分の時間を友人と過ごせるのになと後悔しました」と言葉を続け、奨学金の返済によって友人と遊ぶ余裕がない辛さに言及しています。
 

「実はその学生の将来を苦しめる制度では」奨学金制度に抱く不信感

奨学金を返済するために節約生活を心がけ、面白い番組がなければテレビを消す、クーラーの利用をできる限り抑える、といった努力をしている回答者。

奨学金制度への思いを尋ねると、「奨学金制度といえば学生にとっての救済制度のように聞こえると思いますが、実はその学生の将来を苦しめる制度ではないかと感じます」と、学生の重荷となっている奨学金の実情に対する不信感を打ち明けました。

加えて、「できればもっとお金のことを考えられずに勉強に集中して教育が受けられる新たな制度があればいいなと感じます」と、奨学金以外の新たな教育支援制度を期待。奨学金の返済によって卒業後に思い悩む学生が現れないよう、国には新しい制度の創出が求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化