卒業発表の柏木由紀、美脚あらわなミニスカ姿を披露! Tシャツには“アイドルになってよかった”の文字

AKB48の柏木由紀さんは10月22日、自身のInstagramを更新。美しい脚があらわになった姿を披露しました。(サムネイル画像出典:柏木由紀さん公式Instagramより)

AKB48の柏木由紀さんは10月22日、自身のInstagramを更新。美しい脚があらわになった姿を披露し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:卒業発表の柏木由紀、美脚際立つ姿に反響】
 

「完璧で永遠のアイドル」

柏木さんは「武道館コンサート3日間 本当にありがとうございましたー!!」とつづり、1枚のソロショットを投稿。チェック柄のミニスカートから美しい脚が露出しています。

また「この写真のTシャツに書いてある言葉がいまのわたしの気持ちです!!!」とつづった柏木さんの胸には“アイドルになってよかった”の文字が。柏木さんは、20日に東京・日本武道館で開催された「MXまつり AKB48 62ndシングル『アイドルなんかじゃなかったら』発売記念コンサート〜古参も新規も大集合!なんでもありのAKBでっせスペシャル〜」にて、同グループからの卒業を発表していました。

ファンからは「卒業おめでとう」「アイドルになってくれてよかった」「完璧で永遠のアイドル」など、卒業発表に対する声が数多く届きました。また写真について「鬼可愛い」「綺麗すぎる」などのコメントも寄せられています。
 

「卒業まで約半年。走り抜きます!!!!!!!」

21日の投稿で「武道館でのコンサートにて卒業発表をさせていただきました」と、改めて卒業発表を報告していた柏木さん。続けて「17年も大好きなAKB48でアイドル活動ができて本当に幸せです 卒業まで約半年。走り抜きます!!!!!!!」と、感謝の気持ちと卒業までの意気込みも語っています。同グループの公式Webサイトによると、2024年4月中の卒業を予定しているとのこと。今後の活躍にも期待したいですね。
 

>次ページ:柏木由紀さんの21日に公開した卒業発表の投稿も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応