好きな「令和」のフジ月9ドラマランキング! 1位『ミステリと言う勿れ』、2位は?

All About ニュース編集部では、令和に放送されたフジ月9ドラマについてオリジナルのランキングを作成しました。この記事では、好きな「令和」のフジ月9ドラマランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『ミステリと言う勿れ』公式Instagram)

フジテレビを代表するドラマ枠としておなじみの「月9」は、1987年の『アナウンサーぷっつん物語』から歴史が始まっています。現在は、二宮和也さん、中谷美紀さん、大沢たかおさんがトリプル主演を務める『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』を放送中。令和の時代も、引き続き月9ドラマは放送を続けています。

All About ニュース編集部は9月12日~10月12日、全国10~70代の338人を対象に「フジ月9ドラマ」に関するアンケート調査を実施。その中から「好きな『令和』のフジ月9ドラマ」ランキングを紹介します!

>15位までの全ランキング結果を見る

2位:『風間公親-教場0-』

2位にランクインしたのは、『風間公親-教場0-』です。2023年(令和5年)に放送されたばかりのドラマで、大人気のSPドラマ『教場』シリーズの連続ドラマとして月9に登場しました。主演は、シリーズを通して木村拓哉さんが担当し、原作は長岡弘樹さんの小説『教場』シリーズ。

今回の『風間公親-教場0-』では、SPドラマにて神奈川県警の警察学校で「最恐の教官」と言われた主人公・風間公親の過去が描かれます。風間は新人刑事の教育係「刑事指導官」として活躍。バディを組む若手刑事には、赤楚衛二さん、新垣結衣さん、北村匠海さん、白石麻衣さん、染谷将太さんと豪華な俳優が勢ぞろいしました。

回答者からは、「今までにない視点から見れるドラマだったと思う」(20代女性・茨城県)、「演技派の俳優さんが多くて物語を存分に楽しめる作品だから」(20代女性・熊本県)、「木村拓哉さんの新境地を表現しているドラマとして評価している」(50代男性・千葉県)などの意見が寄せられました。

1位:『ミステリと言う勿れ』

1位にランクインしたのは、『ミステリと言う勿れ』です。2022年(令和4年)に放送されたドラマで、田村由美さんによる漫画が原作。主人公の久能整を菅田将暉さんが担当し、ボリュームがある天然パーマの髪形が特徴的な役を演じています。

久能は変わり者の大学生で、ひたすら喋りまくり事件の謎も人の心も解きほぐすこれまでのミステリー作品にない主人公。ドラマは人気を集め、2023年9月15日には劇場版を公開。菅田さんの抜群の演技力が楽しめる作品で、多くの視聴者を感動させています。

回答者からは、「久能整くんの言葉に考えさせられることが多かったので。当たり前のことを言っているんだけど、なぜか響きます」(40代女性・埼玉県)、「コメディーもあり、今現代で様々な問題や悩みなどがある中、それを諭すかのような答えが返ってくるところが面白い」(30代女性・熊本県)、「セリフが刺さったり内容が深いと感じたからです」(30代女性・福井県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

>15位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」