協調性があると思う「旧ジャニーズ事務所のA型タレント」ランキング! 2位「櫻井翔」、1位は?

All About ニュース編集部は8月22日~9月26日、全国263人に「A型の旧ジャニーズ(旧ジャニーズ事務所タレント)」に関するアンケートを実施。回答者が最も「協調性があると思う」と答えたのは?(サムネイル画像出典:ドラマ『大病院占拠』公式Instagram)

性格分析や相性など、話に上がることの多い血液型の話題。なかでも、A型には協調性が高い人が多いとも言われます。

そこで、All About ニュース編集部は8月22日~9月26日の期間、全国263人を対象に「A型の旧ジャニーズ(旧ジャニーズ事務所タレント)」に関するアンケート調査を実施。

この記事では、「協調性があると思う旧ジャニーズ事務所のA型タレント」ランキングの結果を紹介します!

※アンケート取得時に在籍し、現在は退所しているメンバーが含まれます。


>8位までの全ランキング結果を見る

第2位:櫻井翔(嵐)


2位には、嵐の櫻井翔さんがランクイン。嵐が活動を休止するまでは、グループの冠番組などで進んで進行役をこなしたり、メンバー間ではバランサーのような役割を担ったりと、“影のリーダー”との呼び声も高かった櫻井さん。

自身がキャスターとして出演するニュース番組でも、嵐の活動休止を決断するまでに、メンバーひとりひとりの意見を聞いた上で全員が納得する答えを探す役割を担っていたと、協調性の高さを物語るエピソードを披露していました。

回答者からは、「相手の意見もしっかり聞くイメージがあり、相手の意見も尊重しそうなイメージがあるため」(千葉県・50代男性)、「情報番組に出たり番組MCをしたり、グループ内外問わず場を進行するのが上手いから」(東京都・20代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:井ノ原快彦(元V6・20th Century)


1位に輝いたのは、元V6のメンバーで、現在は20th Centuryのメンバーとして活動する井ノ原快彦さんでした! タレント活動と並行して、2022年9月から元ジャニーズ事務所の子会社となる「ジャニーズアイランド」の代表取締役としても活動する井ノ原さん。

V6として活動していた当時、グループの冠番組などで自然と司会の役割を担ってトークを回したり、グループ間では年齢的な面もあってか、“中間管理職的”な立場でメンバーと接したりしていた場面が強く印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

回答者からは、「メンバーや周囲の人と調和しながら、上手に仕事をしているイメージがあるので」(埼玉県・40代女性)、「V6の初期のころ、年の差がある上と下の間でうまく取り持ってくれていたイメージがあるから」(東京都・30代女性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです

>次ページ:8位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応