「Z世代が好きなYouTuber」ランキング! 2位「東海オンエア」、1位は?

「MERY Z世代研究所」は、Z世代300人を対象に「好きなYouTuber」を調査。本記事では、その結果をランキング形式で紹介します。

MERYが運営する「MERY Z世代研究所」は、Z世代300人を対象に「好きなYouTuber」に関するアンケート調査を実施し、10月19日に結果を発表しました。今回はその結果をランキング形式で紹介します。

>3位以下の結果も見る
 

2位:東海オンエア


2位に選ばれたのは、クリエイター集団の東海オンエアです。

愛知県岡崎市を拠点に活動する彼らは、てつやさん、しばゆーさん、りょうさん、としみつさん、ゆめまるさん、虫眼鏡さんの6人で活動。大食い系動画をはじめ、「寝たら"即帰宅"の旅!」や「想像だけで〇〇作ってみた」などの独自の企画も光り、2023年10月で活動10周年を迎えました。

アンケート回答者からは、「6人それぞれの個性が良く出ている、仲の良さが滲み出ている、動画自体のクオリティが高い、おもしろい」(25歳女性)といった声が寄せられました。
 

1位:HIKAKIN


1位は、HIKAKINさんでした。

高校生の頃からYouTubeを始めたHIKAKINさんは、YouTuberの先駆者と呼べる存在です。2023年5月に発売されたオリジナル商品「みそきん」も即売り切れになり大きな話題を呼びました。

HIKAKINさんを選んだ理由には、「Youtubeの先駆け者だから」(17歳男性)、「人柄がいいから」(23歳男性)、「安定してるから」(26歳男性)などのコメントが集まりました。


>次ページ:3位以下の結果も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」