「大野智」がはまり役だったドラマランキング! 2位『鍵のかかった部屋』、1位は?

All About ニュース編集部では「大野智」さんに関するアンケート調査を実施。「大野智さんがはまり役だったドラマ」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:嵐の公式Instagram)

男性アイドルグループ「嵐」にてリーダーを務めていた「大野智」さん。大野さんは俳優業でも活躍しており、いくつものドラマ作品で魅力的な演技を披露しています。

All About ニュース編集部は9月11~10月10日、全国10~70代の267人を対象に「大野智」さんに関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「大野智さんがはまり役だったドラマ」ランキングを紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る
 

2位:『鍵のかかった部屋』(フジテレビ系):榎本径

2位は『鍵のかかった部屋』でした。

2012年4月から6月までフジテレビ系の月曜夜9時に放送されていたドラマです。大野さんは主人公・榎本径役を演じました。

榎本径は奇才の防犯オタクで、次々に発生する密室事件で、トリックの謎を解き明かしていく活躍を見せます。普段の大野さんから感じる寡黙な印象が合っているとの感想で述べている人が多いようです。

アンケートの自由回答でも、「寡黙で個性的なキャラがとても合っている」(東京都/40代男性)のほか、「無表情なところ、感情を持たずに話すので、冷たく感じるところ」(兵庫県/20代女性)、「クールで誰にも惑わされない感じが元々の性格に似ていると思った」(広島県/20代女性)、「明るくはないけど、知的で物静かな所がとても合っていました」(東京都/40代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:『怪物くん』(日本テレビ系):怪物くん

1位は『怪物くん』でした。

藤子不二雄Aさんが手掛けた名作漫画を、2010年、日本テレビ系にて実写ドラマ化。怪物界と悪魔界の戦いを描きつつ、主人公・怪物くんと、お供であるドラキュラ、フランケンシュタイン、オオカミ男が奏でる愉快痛快な雰囲気が魅力のファンタジーコメディーです。

大野さんは主役である怪物くんを担当。特殊メイクを施した姿で、コミカルさとシリアスさを器用に演じ分けた、圧倒的な演技力が注目されました。

アンケートの自由回答では、「嵐のメンバーと戯れている時の印象と怪物くんのキャラクターがマッチしていたため」(千葉県/20代女性)をはじめ、「コミカルな演技が似合っていたから」(神奈川県/20代女性)、「抜群の再現力と大野くんの可愛らしさが出ていてよかった」(東京都/30代女性)、「お茶目な雰囲気が原作のキャラクターにぴったり当てはまっていました」(県大阪府/10代女性)などのコメントが寄せられています。

※回答者コメントは原文ママです

>5位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応