「大野智」出演の好きな映画ランキング! 2位『忍びの国』、1位は?

All About ニュース編集部では「大野智」さんに関するアンケート調査を実施。「大野智さん出演の好きな映画」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:嵐の公式Instagram)

アイドルグループ「嵐」での活躍に加え、俳優業でもファンをはじめ人々から注目を集めていた「大野智」さん。映画作品でも主役を務めた経験があり、素晴らしい演技力を披露しています。

All About ニュース編集部は9月11~10月10日、全国10~70代の267人を対象に「大野智」さんに関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「大野智さん出演の好きな映画」ランキングを紹介します。

>3位までの全ランキング結果を見る
 

2位:『忍びの国』:無門

2位は『忍びの国』でした。

2017年に劇場公開された、「侍vs忍び」の逆転劇を描いた戦国エンターテインメント映画です。戦国時代、伊賀忍者と織田信長軍との間に起きた「天正伊賀の乱」を題材にストーリーが描かれています。

大野さんは主人公・無門役を務めました。時代劇系映画初主演でありながら、アクロバット、ダンスなどを交えた派手なアクションで、アイドルグループ「嵐」での経験を生かした高いパフォーマンスを披露しました。

アンケートの自由回答では、「演技だけでなくアクションシーンも格好良かった印象がある」(静岡県/40代女性)をはじめ、「コミカルかつ最強の忍者という役どころをうまく演じていたから」(京都府/30代男性)、「ちょっととぼけたところのあるキャラクターも大野君に合っていてよかった」(神奈川県/40代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:『怪物くん』:怪物くん

1位は『怪物くん』でした。

藤子不二雄Aさん原作の漫画作品を実写化した、コメディーアクション系の映画です。2010年に日本テレビ系で放映されたドラマに続き、2011年に劇場公開されました。

主人公・怪物くんは「怪物ランド」の王子様であり、お供のドラキュラ、オオカミ男、フランケンと騒動を巻き起こします。映画版では、怪物ランドから再び人間界に降りてきた怪物くんたちが「カレーの王国」にたどり着き、ハプニングに巻き込まれていくストーリー展開です。

大野さんは、主演の怪物くんを演じました。バラエティ番組や他の作品とは異なる、あっけらかんとしたナチュラルな演技がギャップを生み、高い人気を集めたようです。

アンケートの自由回答では、「普段のおとなしめな感じのイメージと違う大野くんが見られて楽しいから」(大阪府/40代女性)をはじめ、「バラエティー番組に出ているときとのギャップが好きです」(兵庫県/20代男性)、「原作が大好きでそれを実写化されていたのが良かった 大野さんの王子役も最高に良かったです」(千葉県/30代女性)、「まったく違和感がなく、演技が自然に感じられた」(埼玉県/40代女性)などのコメントが寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>3位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」