「櫻井翔」がはまり役だった映画ランキング! 1位『映画 謎解きはディナーのあとで』、2位は?

All About ニュース編集部は9月11日~10月12日に独自のアンケート調査を実施。その結果をまとめ、櫻井翔さんがはまり役だった映画ランキングを作成しました。(サムネイル画像出典:嵐の公式Instagram)

櫻井翔さんは、アイドル活動だけでなく俳優としても活躍しています。これまで大ヒットした映画にも参加し、櫻井さんならではの演技で作品を盛り上げました。

All About ニュース編集部は9月11日~10月12日、全国10~70代の227人を対象に「櫻井翔」さんに関するアンケート調査を実施しました。その中から、「櫻井翔さんのはまり役だった映画」ランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果を見る
 

2位:『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』:中込フトシ(バンビ)

2位にランクインしたのは、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』です。2002年にTBS系の連続ドラマとして放送された『木更津キャッツアイ』の劇場版で、櫻井さんは引き続き中込フトシこと「バンビ」を担当。

バンビはイケメンでモテるものの、恋愛には奥手という愛されキャラ。櫻井さんの新境地が見られた役で、いまでもファンを魅了しています。

回答者からは、「若くチャラチャラした役柄がその時の櫻井翔さんと合っていた」(秋田県/30代女性)、「ドラマの時と変わらないバンビに出会えてうれしかった」(静岡県/30代女性)、「コメディチックな役柄がハマっていて良いと思いました」(東京都/40代男性)などのコメントが寄せられました。

1位:『映画 謎解きはディナーのあとで』:影山

1位にランクインしたのは、『映画 謎解きはディナーのあとで』です。東川篤哉さんによる同名小説を原作として、2011年にフジテレビ系でドラマを放送。ドラマシリーズの劇場版となり、大ヒットを記録しました。

櫻井さんは引き続き、北川景子さん演じる宝生麗子の執事・影山を担当。2人のコンビネーションが抜群で、櫻井さんを代表する役となっています。

回答者からは、「衣装も話し方も見た目も全てにおいて執事っぽさが深まっていたのがポイント」(兵庫県/20代女性)、「セリフが多い役が似合っている」(栃木県/10代女性)、「北川さんとのやり取りが面白く、Sっ気がある役はとても合っていました」(東京都/40代女性)などのコメントが寄せられました。

>9位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは