アラサーが考える恋愛とお金 第19回

仕事を匂わせるDM→タイプなら食事をおごる? 雇用関係を利用した男性の「コスパ婚活」の手口とは

「仕事の話を聞いてみたいので、今度ぜひランチでも」雇用関係を利用して食事に誘い、タイプなら食事代をおごるが、タイプでないならおごらない……そんな男性がいるという。婚活にも「コスパ」を求める男性の実態とは?

仕事を匂わせるDM→タイプなら食事をおごる? 雇用関係を利用した男性の「コスパ婚活」の手口とは
仕事を匂わせるDMで食事に誘われ……

デートや婚活、結婚式……恋愛や結婚にはお金がかかる。特に現代社会においては、働き方や生き方の多様化が進み、恋愛とお金に対する価値観も変容している。本連載では、これからの「恋愛とお金」について、アラサーの恋愛ライター・毒島サチコが取材をもとに考察。第18回は「仕事を匂わせるDMで誘われたランチデート」について紹介する(第17回はこちら)。

DMでランチに誘うアラサー男性の正体は……!?

 「ねぇ、DMでこの人に誘われてさ」
 
ライターをしている友人数人と食事をしていた時のこと。A子がX(旧Twitter)の画面を見せながらつぶやいた。
 
Xのアイコンには、アラサーくらいの男性の横顔が写っている。フォロワーは5000人ほどで、職業は新規ビジネスを立ち上げる若手起業家、という肩書である。
 
Xだけを見ると、プライベートでカジュアルな日常生活の投稿が並んでいるが、彼の名前・田中〇〇(仮名)を検索してみると、彼の事業開発についてのインタビューがいくつかヒットする。
 
「ランチで盛り上がって、今度またご飯行こうって話になって」
 
A子はうれしそうに笑う。絶賛彼氏募集中だからだ。
 
しかし、田中のXのアイコンを眺めながら、「この顔、どこかで……」と感じた筆者は、自身のSNSのDMをさかのぼった。すると、筆者にも田中からのメッセージが届いていたのだ。
 
「私もこの田中って人からDMきたことあるかも」
「え、私もなんだけど」
 
驚いたことに、その場にいた女性メンバー4人のうち3人が田中からのDMを受け取っていた。ちなみに内容は共通している。自己紹介に加えて、以下のようなものだった。
 
「〇〇さんが書いていた記事を読みました! 大変面白かったです。うちの事業でもメディアを立ち上げる話が出ていて、よかったら少しお話を聞かせてもらえませんか? よければランチでも」
 

丁寧に誘うが、食事をおごるかどうかは会ってから決めている

 「えぇ、まじか……ただのネトナン野郎じゃん」
 
自分だけでなく、自身と近しい年齢と職業のアラサー独身女性たちに、無差別にDMを送ったことを知ったA子は「本気で好きになる前でよかった」と、少し落ち込んだ様子だ。
 
そんなA子を横目に、DMを受け取ったことのあるB美は強い口調で忠告した。
 
「この田中って人、タイプの女性にはランチをおごって、タイプじゃない女性にはおごらないらしい」
 
ちなみにB美の友人であるライターの女性は、田中に誘われてランチに行ったものの、完全に割り勘だったという。
 
だが、B美の友人は、後日田中から数本コラムの執筆依頼があったので「仕事の話」というのはうそではなかったようだ。

>次のページ:後日、男性のSNSに投稿された「結婚の報告」には……
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは