心霊イベント団体が管理する幽霊屋敷に不法侵入・窃盗・器物破損。監視カメラの映像公開が影響? 実行犯8人のうち7人が出頭

心霊系団体「暗夜」が宿泊施設として管理する物件に、男女合わせて8人が不法侵入。その様子を捉えた監視カメラの映像を10月6日、YouTube上で公開し、大きな反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:「暗夜-ANNYA-」)

恐怖イベントを開催する心霊系団体「暗夜」が10月6日、YouTubeチャンネル「暗夜-ANNYA-」で動画を更新。同団体が管理する宿泊施設で“幽霊屋敷”と呼ばれる茨城県内の物件に不法侵入され、管理者が警察を呼ぶ事態となりました。
 

【実際の動画:暗夜、管理物件に不法侵入。防犯カメラが捉えた犯行の様子を公開】
 

被害額は20万円以上。不法侵入のほか、器物破損・窃盗も

犯行が行われたのは5日で、同団体代表の桐木さんが車中から「防犯カメラが設置してあるんですけど、そこに人が何人かで入ってるのが映ってて」「カメラが1つ1つ壊された可能性がある」と警察に通報。その後、駆けつけた警官や鑑識と共に物件へ。5時間に及ぶ捜査の結果、テレビなど金目の物は全て盗まれ、そのほか監視カメラの破壊など損害は20万円以上と、動画内で明かしました。
 

防犯カメラは壊されていましたが、5台のうち4台の防犯カメラの録画が、インターネット上のクラウドデータに残っていたとのこと。動画後半では、20代と思える男女複数人が靴のまま室内に侵入し金目の物を探す姿や、防犯カメラを見つけた男性の1人が、「どうも~~」と言いながら自身の顔をドアップでカメラに向けるなど、犯行の様子を捉えた動画を公開。「この人達の情報を募集します」と、犯人らの情報提供を呼びかけていました。
 

動画のコメント欄には、「元茨城人として恥ずかしい」「事が起こっても冷静に警察に説明して、本当にすごい」「示談ではなくしっかりと罪を償ってもらいましょう」「1日でも早く犯人が捕まることを祈っています」「この世で本当に怖いものは幽霊ではなく生きている人間」と、さまざまな声が寄せられました。
 

犯人は8人、うち7人が出頭と報告

同団体のX(旧Twitter)アカウントは12日、「8名のうち7名が出頭したという情報がはいってきました」とポスト。「あと1人」「時間の問題」「早く捕まって欲しい!!」という声が上がっています。中には、“幽霊屋敷”というだけに、「出てこない1人ってまさか…」「残り一人は存在しない」「あと1人は…もしかして見えてはいけないものだったとかいうオチ…!?」という声も寄せられました。
 



>次ページ:関連動画&投稿をもっと見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは