「主演俳優がいい」と思う平成のTBS火10ドラマランキング! 2位『義母と娘のブルース』の綾瀬はるかを抑えた1位は?

TBS系で放送される「火10ドラマ」について、All About ニュース編集部では独自のアンケート調査を実施しました。その結果をまとめて、「主演俳優がいい」と思う平成のTBS「火10ドラマ」ランキングを作成しました。(サムネイル画像出典:『義母と娘のブルース』公式Webサイト)

テレビ各局では、さまざまなドラマが放送されています。そんな中でも、バラエティ豊かな作品が放送されるTBS系の「火10ドラマ」は根強い人気を獲得しています。

All About ニュース編集部は9月14~28日、全国10~60代の256人を対象に「TBS火10ドラマ」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「主演俳優がいい平成のTBS火10ドラマ」ランキングを紹介します!

>6位までの全ランキング結果を見る

2位:『義母と娘のブルース』(2018年)

義母と娘のブルース
画像出典:『義母と娘のブルース』公式Webサイト
2位は『義母と娘のブルース』です。2018年に放送されたドラマで、主演は綾瀬はるかさんが担当。竹野内豊さん、佐藤健さん、上白石萌歌さんが共演し、平成の火10ドラマを代表する作品としてスペシャルドラマも制作されています。

桜沢鈴さんの同名4コマ漫画が原作で、綾瀬さんは初の義母役に挑戦。主人公の亜希子は能面のような表情を見せることが多く、綾瀬さんが新しい演技を見せたドラマとなりました。

「ぎぼむす」の愛称で親しまれ、娘のみゆきは上白石さんが担当。2024年1月2日には、スペシャルドラマの『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』が放送され、物語は完結する予定です。

回答者からは、「綾瀬はるかさんの個性的な演技が印象的です」(60代女性・滋賀県)、「綾瀬さんのキャリアウーマン姿がかっこよかった」(50代女性・徳島県)、「母親役が新鮮で腹踊りをする驚きもありながら、堅物役がハマっていました」(50代女性・島根県)などの意見が寄せられました。

1位:『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)

『逃げるは恥だが役に立つ』
画像出典:『逃げるは恥だが役に立つ』公式Webサイト
1位は『逃げるは恥だが役に立つ』です。2016年に放送されたドラマで、主演は新垣結衣さんが担当。海野つなみさんの同名漫画が原作で、星野源さんとの共演が話題を集めました。

新垣さんが演じた森山みくりは、職ナシ彼氏ナシで妄想癖のある女性。星野さんが担当した津崎平匡と契約結婚をすることになり、“ムズキュン”な2人の関係が人気に。

星野さんが歌った主題歌『恋』に合わせてキャストが踊る「恋ダンス」も注目されるなど、大ブームを巻き起こしたドラマとなりました。

回答者からは、「女性の悩みや機微がよく出ている、考えさせられる名作ドラマ」(20代女性・東京都)、「星野源さんと新垣さんが抜群のコンビですばらしいです」(40代男性・宮城県)、「このドラマのときの新垣結衣が一番可愛く、パロディーが毎回新鮮だった」(40代女性・兵庫県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

>6位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応