好きな「令和」のTBS火10ドラマランキング! 1位『私の家政夫ナギサさん』、2位は?

All About ニュース編集部は、独自のアンケート調査を実施してオリジナルのランキングを作成しました。この記事では、「令和」のTBS「火10ドラマ」で好きな作品ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『私の家政夫ナギサさん』公式Instagram)

TBS系の毎週火曜午後10時のドラマ枠「火10ドラマ」では、これまでさまざまな作品が放送されてきました。2023年10月17日からは、広瀬アリスさん主演の『マイ・セカンド・アオハル』が放送予定で期待が高まっています。

All About ニュース編集部は9月14~28日、全国10~60代の256人を対象に「TBS火10ドラマ」に関するアンケート調査を実施。その中から「令和のTBS火10ドラマで好きな作品」ランキングを紹介します!

>14位までの全ランキング結果を見る

2位:『恋はつづくよどこまでも』(2020年)

2位にランクインしたのは、『恋はつづくよどこまでも』です。2020年に放送されたドラマで、小学館の「プチコミック」で連載していた円城寺マキさんの同名漫画が原作。

主演は上白石萌音さんが担当し、責任感が人一倍強い看護師の佐倉七瀬を演じました。共演は佐藤健さんが務め、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称・魔王と呼ばれる天堂浬を見事に表現。

佐藤さんのドSな演技が評判を呼んだドラマで、天堂を運命の男性と信じて恋に仕事に突き進む七瀬の姿が人気を集めました。「恋つづ」の愛称で親しまれ、多くの視聴者を胸キュンさせたラブコメディーとしていまでも人気です。

回答者からは、「主人公が恋だけでなく仕事でも成長していくから」(40代女性・東京都)、「恋はつづくよどこまでもは、佐藤健のキャラがトキメキまくりで大好きです」(30代男性・愛知県)、「病院を舞台にした二人の恋模様がめちゃくちゃキュンキュンしました」(40代女性・奈良県)などの意見が寄せられました。

1位:『私の家政夫ナギサさん』(2020年)

1位にランクインしたのは、『私の家政夫ナギサさん』でした。2020年に放送されたドラマで、電子書籍サイトで発表されていた四ツ原フリコさんの漫画が原作。WEBコミックがTBSの連続ドラマで原作となるのは、この作品が初めてで話題を集めました。

多部未華子さんが主演を務め、バリバリと働くキャリアウーマンの相原メイを担当。仕事はできるのに生活力ゼロのアラサー独身女子が、スーパー家政夫の鴫野ナギサと出会い自分と向き合う姿を描いています。

癒し系の雰囲気漂うナギサを、大森南朋さんが熱演しエプロン姿で家事をテキパキこなす姿が見どころ。女性の固定観念を打ち破るドラマとして人気で、同性から圧倒的な支持を得ました。

回答者からは、「ほっこりして衣装も可愛くて癒しドラマだった」(20代女性・東京都)、「大森南朋さんが、おじさんなのに家事が完璧で可愛らしかったから」(40代女性・千葉県)、「いまの自分が抱えている問題に、直接アドバイスをくれるようなストーリーだから」(30代女性・愛知県)などの意見が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>14位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」