上地雄輔、“育ての母”とのツーショットに「お母さん若い!ステキですね」「会えて良かったね」と反響!

歌手やタレントとして活躍する上地雄輔さんは9月30日、自身のInstagramを更新。“育ての母”とのツーショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:上地雄輔さん公式Instagramより)

歌手やタレントとして活躍する上地雄輔さんは9月30日、自身のInstagramを更新。“育ての母”とのツーショットを公開しました。

【実際の投稿:上地雄輔、“育ての母”とのツーショット公開!】
 

「見てるだけで幸せになる」

上地さんは「はは #育ての」とつづり、写真を1枚載せています。“育ての母”とのツーショットです。上地さんは白いキャップにTシャツ、サングラス姿で、“育ての母”は顔出しで写っています。2人とも寄り添い合っていて、仲の良さが伝わってくるようです。続けて「いっぱい楽しんで長生きしんしゃい」とつづりました。

コメントでは、「ゆうちゃんの事を理解してくださってるステキな方ですね」「お母さん若い!ステキですね!」「素敵な2人だなぁ」「会えて良かったね」「いつまでもお若くてお綺麗で」「見てるだけで幸せになる」「二人ともいい顔してますね」など、さまざまな声が上がっています。
 

上地雄輔さんプロフィール

上地さんは1999年にドラマで俳優デビューし、2000年には映画に初出演。その後クイズ番組で注目を集め、歌手としての活動もスタートさせました。現在はソロの歌手や俳優として活動中です。
 

>次ページ:上地さんの普段の投稿も見る!

【上地雄輔さんの出演作をチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在