渋谷区出身っぽくないと思う「渋谷区出身の芸能人」ランキング! 2位「椿鬼奴」、1位は?

All About ニュース編集部は8月24日~9月21日、全国209人を対象に「港区出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。今回は渋谷区出身っぽくないと思う「渋谷区出身の芸能人」ランキングの結果を紹介します!(サムネイル画像出典:椿鬼奴さん公式Instagram)

国内外から多くの人が集まる渋谷駅周辺の繁華街や、庶民的な雰囲気を残す笹塚周辺など、エリアごとに異なる魅力を持つ「渋谷区」。

そんな渋谷区について、All About ニュース編集部は8月24日~9月21日の期間、全国209人を対象にアンケート調査を実施。その中から、渋谷区出身っぽくないと思う「渋谷区出身の芸能人」ランキングの結果を紹介します!


>9位までの全ランキング結果を見る

第2位:椿鬼奴


2位には、椿鬼奴さんがランクイン。独特のハスキーボイスを生かした歌ネタなどで知られる椿鬼奴さんは、代官山の裕福な家庭で育ったと言います。

OL時代に、半ば「お稽古ごと感覚」で東京NSCに入学。同期にロバートや森三中らがいる4期生として、本格的に芸人を志すこととなった椿鬼奴さんは26歳の時にデビューを果たします。その4年後となる2002年に結成された、お笑いユニット「キュートン」のメンバーとしても活動を続けるなど、幅広い活躍を見せています。

回答者からは、「女性のお笑い芸人さんだから関西のイメージがあったから」(徳島県・50代女性)、「下町っぽさを感じる」(群馬県・40代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:デーモン閣下

デーモン閣下 MIYTHOLOGY(画像出典:Amazon)
デーモン閣下 MIYTHOLOGY(画像出典:Amazon
1位に輝いたのは、デーモン閣下さんでした! 魔界出身のミュージシャンとして、ロックバンド「聖飢魔II」でボーカルを務めるデーモン閣下さん。「世を忍ぶ仮の経歴」では渋谷区出身と公言しています。幼少期から小学校卒業までは、アメリカや日本の各地へ引越しを繰り返しながら育っています。

帰国子女としての生い立ちや、早稲田大学を卒業している経歴から、長らくコメンテーターとしても活動。また、大の相撲好きとしても知られ、本業であるミュージシャンとしてよりも、大相撲に関わる露出が増えた時期もありました。

回答者からは、「渋谷のイメージが全然ないので」(茨城県・30代女性)といった意見から、「出身地がリアルに公表されているとは意外でした」というように、デーモン閣下のイメージから想像がつかないというような声も多く聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:9位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」