「港区出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「関根麻里」、1位は?

All About ニュース編集部は8月24日~9月21日の期間、全国225人を対象に「港区出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。回答者が最も「好き」と答えたのは誰?(サムネイル画像出典:関根麻里さん公式Instagram)

千代田区、中央区とともに東京都心と呼ばれる「港区」。虎ノ門や新橋など大規模なオフィス街に、青山や六本木のような人気の商業施設が多く集まる街、さらに麻布や白金台といった高級住宅街を擁する人気のエリアです。

そんな港区について、All About ニュース編集部は8月24日~9月21日の期間、全国225人を対象にアンケート調査を実施。その中から、「港区出身の好きな芸能人」ランキングの結果を紹介します!


>5位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:関根麻里


2位には、関根麻里さんがランクイン。父はタレントの関根勤さんで、自身も2006年からバラエティ番組を中心にタレントとして活動しています。

インターナショナルスクール出身で、アメリカにある大学を首席で卒業した経歴を持つ関根さんは英語が堪能。2014年には、韓国出身のシンガーソングライター・Kさんと国際結婚をしています。現在は、Kさんとの間に2人の娘をもうけ、ママタレントとしても活躍の幅を広げています。

回答者からは、「バイリンガルで、韓国人と結婚するなど国際性があり、人柄も明るくて好感が持てます」(神奈川県・60代男性)、「明るくて真面目で好感が持てるからです」(山梨県・50代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:デヴィ夫人


1位に輝いたのは、デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさんでした! 波乱万丈な人生経験と歯に衣着せぬコメントで、一躍お茶の間の人気者となったデヴィ夫人。ときに、その発言や行動が世間を騒がすことになっても、人気が衰えることのない貴重な存在でもあります。

そんなデヴィ夫人は、1940年に現在の西麻布で誕生。中学卒業後は家計を支えるため、いくつもの仕事を掛け持ちして働いていたといいます。1959年、東日貿易の秘書としてインドネシアに渡ったのを機に、1962年にインドネシア建国の父であるスカルノ初代大統領と結婚。その後、激動の人生を送ることになったことは有名な話ではないでしょうか。

回答者からは、「すべてをぶっちゃける姿に好感が持てるから」(新潟県・40代男性)、「港区出身ぽいし、問題になることは多いけど正直な方なので好き」(大阪府・20代女性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:5位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応