お金持ちなイメージのある「港区出身の芸能人」ランキング! 2位「黒柳徹子」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国225人を対象に「港区出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施。その中から、お金持ちなイメージのある「港区出身の芸能人」ランキングの結果を紹介します!(サムネイル画像出典:黒柳徹子さん公式Instagram)

高級ブランドショップが建ち並ぶ青山や六本木、高級住宅街が広がる麻布や白金台などを擁すことから、セレブの街のイメージが強い「港区」。

そんな港区について、All About ニュース編集部は8月24日~9月21日の期間、全国225人を対象にアンケート調査を実施。その中から、お金持ちなイメージのある「港区出身の芸能人」ランキングの結果を紹介します!


>5位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:黒柳徹子


2位には、黒柳徹子さんがランクイン。2023年で90歳を迎えた今なお、現役で活躍中の黒柳さん。冠番組の『徹子の部屋』は、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録を更新しています。

そんな黒柳さんは港区乃木坂生まれ。日本史上最初のテレビ出演者の1人であり、女性で初めてニュースショーのキャスターやトーク番組の司会を務めた人物としても知られています。また、舞台俳優としても活躍し、数々の演劇賞を受賞。

2023年冬には、黒柳さんの自伝的小説『窓際のトットちゃん』が、初のアニメーション映画として公開されることも発表されています。

回答者からは、「芸能生活の長さや現在もコンスタントにテレビで活躍しているので率直にお金持ちだろうなと思うからです」(東京都・40代男性)、「TVに出演されている時の雰囲気から感じられるからです」(千葉県・20代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:デヴィ夫人


1位に輝いたのは、デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさんでした! 波乱万丈な人生を歩んできたデヴィ夫人ならではの発言や振る舞いで、お茶の間の人気者に。ときに、その歯に衣着せぬ発言が世間を騒がすことになっても、人気が衰えることのない貴重な存在でもあります。

そんなデヴィ夫人は、1940年に現在の西麻布で誕生。中学卒業後は家計を支えるため、いくつもの仕事を掛け持ちして働いていたといいます。1959年、東日貿易の秘書としてインドネシアに渡ったのを機に、1962年にインドネシア建国の父であるスカルノ初代大統領と結婚。その後、激動の人生を送ることになったことは有名な話ではないでしょうか。

回答者からは、「テレビ番組に出演している衣装やアクセサリーが非常に豪華で自分でもお金持ちだと言っているから」(愛知県・20代男性)、「元大統領夫人でテレビでもお金持ちの一面をのぞかせているから」(宮城県・50代男性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:5位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは