『スラムダンク』実写化で「赤木剛憲」を演じてほしい芸能人ランキング! 2位「関口メンディー」、1位は?

日本だけでなく、中国や韓国でも人気を誇るバスケ漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』。この記事では、『スラムダンク』実写化で3年生の主将「赤木剛憲」を演じてほしい芸能人ランキングを紹介します。(画像出典:関口メンディーさんの公式Instagram)

日本だけでなく、中国や韓国でも人気を誇るバスケ漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』。All About ニュース編集部は、7月26~9月11日の期間に『スラムダンク』の実写化に関するアンケートを実施しました。

この記事では、アンケートで集めた全国10〜70代の111人の回答をもとに『スラムダンク』実写化で3年生の主将「赤木剛憲(あかぎ たけのり)」を演じてほしい芸能人ランキングを発表します。

>4位までの全ランキング結果を見る

2位:関口メンディー

ランキング2位は、『EXILE』『GENERATIONS from EXILE TRIBE』に所属するダンサーの関口メンディーさんです。2023年9月から始まる出演ドラマ『パリピ孔明』(フジテレビ系)のスペシャル映像では、サングラスと短パンの衣装で爽やかなパフォーマンスを披露しています。

アンケートの回答者からは、「髪型からしてそのままいけそう(40代女性)」「見た目などピッタリだと思いました(40代男性)」といった声が寄せられました。

1位:鈴木亮平

1位に選ばれたのは、ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)や映画『俺物語!!』などを代表作に持つ俳優の鈴木亮平さんです。2023年10月の日曜ドラマ『下剋上球児』(TBS系)では、高校の弱小野球部の顧問に抜てきされた教師「南雲脩司」役として主演を務めます。

アンケートのコメントには、「チームを引っ張るリーダーの雰囲気が似ているから(30代男性)」「ゴリの責任感の強さを見事に演じてくれそうだから(30代女性)」などの意見が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>4位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」