暖房時にカビが吹き出す恐れも……秋にやるべき「エアコン夏じまい」の正しい手順とは

パナソニックは9月22日、「秋のエアコン掃除」に関するアンケート調査の結果を発表。その結果とともに、同社エアーマイスターの福田風子さんによる「正しいエアコンのお掃除・お手入れ方法」を紹介します。(サムネイル画像出典:PIXTA)

危険な暑さが続いた2023年の夏は、いつも以上にエアコンを酷使した人が多いはず。秋にエアコンを掃除しないと、カビ菌や嫌な臭いを発生させてしまうかもしれません。
あああ
お手入れをしないと臭いの原因になることも
エアコン「Eolia(エオリア)」を製造販売するパナソニックは9月22日、20~60代の男女558人を対象に行った「秋のエアコン掃除」に関するアンケート調査の結果を発表。本記事ではその結果とともに、同社エアーマイスターの福田風子さんによる「正しいエアコンのお掃除・お手入れ方法」を紹介します。
 

76%が「冷房の利用時間が増えた」と回答

冷房の利用時間が増えたか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
冷房の利用時間が増えたか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
「例年と比べた2023年の夏のエアコン利用時間」を聞くと、76%の人が「増えた」と回答。記録的な暑さがエアコンの利用時間に影響を与えていることが分かります。
 
夏の間にエアコンのお手入れをしたか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
夏の間にエアコンのお手入れをしたか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
一方で、「夏の間にしたエアコンお手入れの回数」を見ると、「まったくしていない」と答えた人が最多の39%という結果に。パナソニックは掃除の適切な頻度として「2週間に1回以上」を推奨しているものの、その頻度で掃除をしている人はわずか7%となっています。

続けて「今夏の終わりの秋、自宅のエアコンのお手入れをするつもりはあるか」聞くと、62%の人が「ある」と回答。6割以上の人が「夏じまい」をする予定があるようです。
どのようにエアコンのお手入れをするか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
どのようにエアコンのお手入れをするか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
「夏じまいの方法」として最も多く挙がったのは、82%の人が回答した「自分でフィルターを掃除する」。「自分で洗浄剤やカビ・ニオイを抑えるスプレーを使ってエアコン内部のお手入れをする」と回答した人も25%いましたが、故障の原因になる恐れもある間違った方法なので注意しましょう。
エアコンクリーニングの費用はいくらか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
エアコンクリーニングの費用はいくらか(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
併せて、「業者に頼んでお手入れをしている人の1回あたりの費用」を聞くと、「1万円以上2万円未満」が41%で最多となりました。一方で、11%の人は4万円以上を1回のクリーニングにかけているようです。

2023年夏、最もエアコン利用時間が長い都道府県は「秋田県」

同社は、エオリアアプリに接続したエオリアユーザーの利用データをもとに、2023年8月のエアコン冷房利用時間と利用増加時間(2022年同月比)を、それぞれ算出しました。

●夏のエアコン利用時間ランキング
ああああ
2023年夏のエアコン利用時間ランキング(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース
2023年8月、全国で最も冷房利用時間が多かったのは秋田県。1日平均14.29時間、1カ月平均442.91時間でした。

●夏のエアコン利用増加時間ランキング
あああ
2023年夏のエアコン利用増加時間ランキング(パナソニック「エオリア」調べ)画像出典:プレスリリース

最もエアコン冷房利用時間が増加したのは北海道でした。1日平均5.72時間、1カ月平均で177.39時間の増加となっています。

2023年8月は、高知県と沖縄県を除く45の都道府県で2022年8月よりエアコンの利用時間が増加しました。夏にエアコンを酷使した2023年、しっかりとお手入れを行うようにしましょう。


>次のページ:「秋カビ」を防ぐ正しいお手入れ方法を図で解説!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化