無印の鍋の素「スンドゥブチゲ」に注目! スタッフおすすめのアレンジはシメ代わりにも!? 【元社員が解説】

衣服雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、無印良品の人気シリーズ「鍋の素」について解説!

魚介のコクと辛味が特徴の「スンドゥブチゲ」
魚介のコクと辛味が特徴の「スンドゥブチゲ」
衣服雑貨や食品、家具から家電までそろうブランド・無印良品。季節ごとに新商品が出る食品カテゴリではこれからのシーズンにぴったりな季節商品が続々登場しています。

そこで無印良品で勤務歴のある筆者が、スタッフからも人気な「鍋の素」シリーズの新商品について解説します。
 

魚介だしが香る、寒い日にぴったりの“ポカポカ鍋”

ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ
ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ(税込350円)
無印良品の「鍋の素」シリーズは1人分から作れるため、手軽かつ経済的。そしてバラエティ豊かなラインアップも魅力です。

今回試した「ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ」(税込350円)もその1つ。貝だしが滋味深く、辛さでポカポカする鍋でした。
 

豆腐と残り物の野菜だけで一気に主役級に!

ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ
卵黄トッピングがおすすめ!
スープは唐辛子とアサリのうま味がきいています。辛さが気になる人は、トッピングとして卵黄を落とすのもおすすめ。パッケージには水200ミリリットルと書かれていましたが、私は250ミリリットルで作ってちょうどよく感じました。

あるスタッフからは「豆腐と残り物の野菜を入れるだけで簡単に鍋が完成するので、シフト終わりの夕食当番の日に重宝しています。そして、私もパートナーもアレンジ料理にハマっていて……」とのラブコールが到着。気になるそのアレンジとは?
 

スタッフの“推しアレンジ”は「クラムチャウダー」

ひとり分からつくれる鍋の素 スンドゥブチゲ
シメは、牛乳とバターで簡単アレンジ!
スタッフが推しているアレンジとは「クラムチャウダー風スープ」。シメ(公式サイトでは白ご飯やうどんがおすすめされていました)に炭水化物を入れる余裕はないけど、鍋を楽しんだ後に何か味わいたい人にもおすすめです。

チゲの辛さが牛乳でまろやかになり、海鮮のうま味たっぷりの滋味深いスープに大変身してくれました。シメやアレンジまで楽しめる無印良品の鍋の素、ぜひ店頭やネットストアでチェックしてみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても