『最高の教師』最終回 ついに犯人が判明! 「生徒に■された」タイトル回収の感動ラスト

9月24日に放送されたドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)最終回のストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響を振り返ります。(画像出典:『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト)

松岡茉優さん主演のドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)が感動の最終回を迎えました。9月23日に放送された最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響を振り返ります。
 

>前回(第9話)のあらすじはコチラ

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ系『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

最終回のあらすじ

生徒に突き落とされた自らの死の未来を変えるため、与えられた2周目の人生を必死で生きてきた九条里奈(松岡茉優)。何でもする覚悟で生徒たちと向き合って来た里奈に応えるように、これまで無自覚に人を傷つけ、我慢し、見過ごしてきた3年D組の生徒たちもおのおのの「本気」を解放してきました。

そしていよいよ迎えた運命の卒業式。1年前、生徒に突き落とされた渡り廊下に向かった里奈。そこに現れたのは星崎(奥平大兼)でした。星崎は達観し心が動かない自分の人生に絶望し、里奈に一緒に死んでほしいと懇願。里奈は星崎の話に真摯(しんし)に耳を傾け寄り添うも、それだけはできないと拒否。飛び降りようとした星崎が落下しないよう必死で手を握ります。

里奈と星崎を探し回っていたD組の生徒たち、里奈を心配して探していた夫・蓮(松下洸平)が駆けつけて星崎を救出。クラスメートに囲まれた星崎は、少しだけ世界がしらけて見えないように変わることができた様子。そんな中、里奈に恨みを持った浜岡(青木柚)が突然、里奈を背後からナイフで刺します。

病室で目を覚ました里奈の傍らには蓮。そして心配したD組生徒たちが続々と入ってきます。その光景に涙ぐむ里奈は、自身にとっては生徒たちこそが“最高の教師”であり、この世界を変え続ける未来を「生徒に託された」と心に刻むのでした。

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ系『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

「■された」タイトル回収の感動ラスト!

鵜久森(芦田愛菜)が2周目の人生の最期を迎える際に言っていたように、「明日が来る実感がない」と日に日に感じていた里奈。しかし、運命を変えるために真剣に向き合い、新たな未来へ。人生への諦念に捕らわれた星崎に対する、「変えることを諦めないで」という里奈の必死の語りかけには、最終回にふさわしい本作最大のテーマが込められていたように感じました。

X(旧Twitter)には感動の声が殺到。「最終回グッときた」「最後ほんっとに良かった」「鵜久森さんが助けてくれたんだな」「タイトル回収すごかった」「ほぼ話してるのに見入ってしまう役者さんたちの演技に感動」「星崎くん役の圧倒的演技力に脱帽」「星崎くんの絶望にちゃんと誰かの手が届いて良かったな」「いいドラマという簡単な言葉で形容するのがもったいないくらいの作品」などのコメントが寄せられています。

毎話、鳥肌がたつほどの演技力で魅せられた本作。松岡茉優さん、松下洸平さんをはじめ、3年D組生徒たちの次回作にも期待です。
 

『最高の教師』あらすじ&見どころバックナンバー

第9話 鵜久森の死の真相が明らかに!
第8話 加藤清史郎“相楽”の慟哭謝罪に「演技力やば」の声
第7話 松岡茉優、魂の授業が圧巻! 
第6話 “鵜久森”芦田愛菜に訪れた衝撃ラスト
第5話 “鵜久森”芦田愛菜もタイムリープ側と判明!
第4話 “栖原”窪塚愛流の熱演に「パパそっくり」の声
第3話 土下座で突きつける三行半「スカっとする」の声
第2話 山時聡真、迫真の演技が圧巻!
第1話 松岡茉優×芦田愛菜の圧倒的演技力に絶賛の声

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】