『最高の教師』第5話 “鵜久森”芦田愛菜もタイムリープ側と判明! 「他にもいる?」ネットで考察渦巻く

8月12日に放送されたドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト)

松岡茉優さん主演のドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)。8月12日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

第5話のあらすじ

九条里奈(松岡茉優)にとって“地獄”と称される2学期が開始。1カ月後に文化祭を控える中、里奈は体育館イベントの責任者に瑞奈(詩羽)を指名します。プロとして音楽活動をしている瑞奈は文化祭に参加する意識もなく、クラスの皆とも交わらずに過ごしてきたため教室内には戸惑いの声が。

ダンス部の引退公演を行う予定の生田(莉子)から「有名人風吹かせて私たちの青春をぶち壊すのだけはやめてね」と睨まれ、やる気をなくしていた瑞奈。しかし本当は皆から「変だ」「非常識だ」とレッテルを貼られることで諦め、本当の気持ちを抑えていました。里奈は文化祭前日にD組教室襲撃事件が起きて文化祭がなくなる未来を告げ、止められるのは瑞奈だけだと話し「皆の常識を壊してください」とお願いをします。

里奈の親友・智美(森田望智)から「自分自身はどうしたいのか?」と問われた瑞奈は、皆と同じで最後の青春を体験したいという思いに乗り参加を決意。D組メンバーとともにクラスの出し物である喫茶店と体育館イベントの準備を進めます。しかし、和気あいあいとした様子を面白くなく眺めていた相良(加藤清史郎)が知人をそそのかし、D組襲撃事件が勃発。準備してきたものを壊されたD組メンバーは失意の中、騒ぎの元凶は有名人である瑞奈だと怒りの矛先を向けます。

里奈が緊急のホームルームを開くと、生田が瑞奈に対する怒りを爆発。里奈は違う道を歩く人は別人ではなく皆と同じ人であり、傷つくし悩むし涙も流すと語り、「調子に乗っている」というイメージで流され片づけられることへの疑義を呈します。さらに「ここにいる皆さんで調子に乗ってみませんか?」と、文化祭が崩壊し諦めてうつむく姿を見たがっている犯人と戦うことを提案。鵜久森(芦田愛菜)も「今回はまだ1週間ある」とフォロー。D組は一致団結し文化祭への準備を再開します。

そして迎えた文化祭当日、生田は瑞奈にトリを飾るよう促すと、瑞奈は「人と違うなら、違う道から誰かにとって必要な人間になると決めた」と語り、渾身の歌唱を披露。無事、文化祭が終了するも、里奈は鵜久森の「今回は」という言葉に引っ掛かりを覚え、彼女もまた自分と同じで2周目の人生を生きているのではないかと疑い――。

 

最高の教師
画像出典:日本テレビ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』公式サイト

 

鵜久森も2周目と判明しネットで考察が過熱

X(旧Twitter)では、椎名林檎さんの『17』を歌い上げた詩羽さん(水曜日のカンパネラ)演じる瑞奈ニカに称賛が殺到。「めっちゃ泣いた。歌声と曲もめっちゃ良かった」「今日のお話めちゃくちゃ良かったな。歌声も凄すぎた!」などの声が寄せられています。

また、芦田愛菜さん演じる鵜久森叶に対し、「鵜久森さん何かあるやろなとは思ってた」「夫が2週目のことを驚かなかった件といい、鵜久森さんが1週目で体験しなかった文化祭のことを知っている件といい、相楽君の怪しいふるまいといい、多くの人がグルグルまわっていそう」「何か他にも人生何周かしてる人いそうだな」「これもしかすると鵜久森さんがタイムリープする中で、奇跡的に先生にも前回の記憶が引き継がれた状態でスタートできたのが今回のストーリーなのかな」「里奈の1周目は鵜久森さん自殺していなかった…鵜久森さん何周目?」などの考察が過熱しています。

第5話では、里奈は鵜久森に自分自身も2周目の人生であることを打ち明け、互いに起きた不可思議な現象を確かめ合います。そんな中、鵜久森につい「好きかもしれない」と思いを漏らしてしまい急な休学を申し出た東風谷(當真あみ)に対し、覚悟を持って「私にできることは何でもします」と寄り添う里奈。一方、鵜久森は2周目の人生で「叶えたい」と願っていた希望の全てが叶えられたことに気付き――。2人の2周目の人生に相良の不穏な動きがどう影響してくるのか、ますます目が離せません。
 

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』第6話 8月19日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望