歌がうまいと思う「三代目 J SOUL BROTHERS」のメンバーランキング! 2位「OMI」、1位は?

All About ニュース編集部は、「三代目 J SOUL BROTHERS」について独自のアンケート調査を行いました。その結果を基に作成した、歌がうまいと思う「三代目 J SOUL BROTHERS」のメンバーランキングの結果を紹介します。(画像出典:OMIさんの公式Instagram)

「三代目 J SOUL BROTHERS」は、大ヒット曲を多く発表し国民的な人気を獲得しています。バラードからダンスナンバーまで幅広いジャンルの楽曲を誇り、今市隆二さんとOMIさん(登坂広臣/O=正式にはストローク付き)の美しい歌声を楽しめるグループです。

All About ニュース編集部は7月10日~8月24日、全国10~70代の246人を対象に「三代目 J SOUL BROTHERS」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「歌がうまいと思う三代目 J SOUL BROTHERSのメンバー」ランキングを紹介します。

>4位までの全ランキング結果を見る

2位:OMI

2位にランクインしたのは「OMI」さんです。2010年に開催した「VOCAL BATTLE AUDITION 2」で合格し、ボーカリストとして今市隆二さんと共にグループへ加入。当初は登坂広臣さんとして活動しますが、2021年2月に自身がプロデュースするプロジェクト「CDL entertainment」を本格始動させ、ソロアーティスト名義を「OMI」に変更します。グループでも同名義を使用中です。

クリアでピッチが安定した歌声を持ち、ダンスが激しい「三代目 J SOUL BROTHERS」の楽曲にはピッタリ。ソロでもその歌声を堪能することができ、BTSのSUGAさんがプロデュースした楽曲『You (Prod. SUGA of BTS)』は、世界42カ国&地域のiTunesトップソングチャート1位、アメリカ・Billboardの新チャート「#HotTrendingSong」に日本人初ランクインするなど、大きな注目を集めました。

2023年10月17日には、フォトエッセイ『LAST SCENE』(幻冬舎)を発売予定。さらなる活躍が期待されています。

回答者からは、「特に高音がすごく綺麗で、安定した歌声です」(東京都・30代男性)、「オミくんの方が、柔らかな歌声をもっている」(千葉県・30代女性)、「優しく雑音のない透き通った声だと思う」(愛媛県・30代女性)といった意見が集まりました。

1位:今市隆二

1位にランクインしたのは「今市隆二」さんです。OMIさんと抜群のハーモニーを聞かせる今市さんは、2013年にボクシング世界大会の舞台で国家独唱を披露。2015年には「DANCE EARTH PARTY」へ参加し、さらにCrystal Kayさんらとのコラボでボーカリストとしての実力を高めます。

また、2018年からはソロプロジェクトを本格始動し、4カ月連続でデジタルシングルを配信。国内外のアーティストとのコラボを積極的に行いファンを拡大させます。全国11都市のアリーナで20万人規模となる自身初のソロツアーを開催するなど、日本を代表するボーカリストとして認知されます。

ソロプロジェクトと並行してオリジナルアパレルブランド「RILY」を立ち上げ、ファッション業界からも注目される存在に。2023年9月には、ティファニー表参道のオープニングイベントに参加するなど注目を集めています。

回答者からは、「高音のパートに伸びがあると思う」(東京都・20代女性)、「音楽番組で見て、その見た目とはギャップのある歌声がかっこいいなと思った」(北海道・20代女性)、「隆二の声で聴くラブソングがすきだから」(大阪府・30代女性)といった意見が集まりました。

※回答者のコメントは原文ママです

>4位までの全ランキング結果を見る


【三代目 J SOUL BROTHERSのCDやBlu-rayをチェック!】


この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応