人気すぎて“買えない”鎌倉銘菓「クルミッ子」が大阪名物「&OKOSHI」とコラボ! どこで買える?

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が阪急うめだ本店の開店1周年を記念し、あみだ池大黒が展開するブランド「&OKOSHI」とのコラボ缶を発売。2種類のおこし入り。

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が阪急うめだ本店の開店1周年を記念し、あみだ池大黒が展開するブランド「&OKOSHI」とのコラボレーション缶を発売。クルミッ子キャラメルソースを使った2種類の「おこし」が期間限定で登場します(画像は全て提供)。

&OKOSHIとクルミッ子、コラボレーションのきっかけとは

&OKOSHIと鎌倉紅谷がコラボレーション
&OKOSHIと鎌倉紅谷がコラボレーション

&OKOSHIと鎌倉紅谷のコラボレーションのきっかけは、「鎌倉紅谷 阪急うめだ本店」が2023年10月1日に開店1周年を迎えることから、阪急うめだ本店の担当者より「大阪を代表するお菓子とコラボレーションしてみませんか?」と提案されたこと。

&OKOSHI」は、大阪名物「岩おこし」で有名な老舗・あみだ池大黒が、阪急うめだ本店限定で出店しているプレミアムおこしのブランド。日本の伝統的なおこしの製法を用いて、バターハニーやチョコレートといった新フレーバーの「おこし」も作っていることから、同ブランドとのコラボレーションが実現しました。

ザクザクとした歯ごたえが魅力の「&OKOSHI」にクルミッ子キャラメルソースとクルミ、あみだ池大黒の岩おこしの特徴であるショウガを加えた、今回だけの特別なフレーバーが誕生したのです。

クルミッ子キャラメルの香りが熱で飛ぶ……!?

「クルミッ子」のキャラメルを再現
「クルミッ子」のキャラメルを「おこし」に

10月1日からの店頭発売に先駆けて9月18日に行われたインスタライブでは、鎌倉紅谷の有井宏太郎社長と有井敦子副社長、あみだ池大黒の小林昌平社長がコラボレーション商品の紹介や開発秘話を紹介。

小林社長は「鎌倉紅谷さんのクルミッ子があれだけおいしい商品なので、ウチのおこしも絶対おいしくなるな、と思っていました。が、おこしは熱した釜でつくるので、キャラメルの香りが飛んでしまうんです。キャラメルを多くするとおこしがしっとりとしてしまう。職人さんが絶妙な配合で完成させてくれました」と、商品化への苦労を明かしました。


>次ページ:ラインアップは?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」