4クール連続ドラマ出演、Sexy Zone「菊池風磨」はなぜ人気? バラエティ番組にも引っ張りだこ!

グループとしての活動だけでなく、俳優、バラエティタレントとして活躍している「Sexy Zone」の菊池風磨さん。さまざまな魅力を持つトップアイドルの魅力を、元テレビ局スタッフが解説します。(サムネイル画像出典:日本テレビ系『ゼイチョー ~「払えない」にはワケがある~』公式Instagram)

バラエティ番組では、体を張って笑いを取る潔さで人気を獲得

俳優として高評価を得る菊池さんは、バラエティ番組でも大活躍中です。『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)、『ニノさん』(日本テレビ系)などバラエティ番組にレギュラー出演。さらに、10月2日スタートの新番組『何か“オモシロいコト”ないの?』(フジテレビ系)で司会を担当しています。

それぞれの番組で自分の見せ方をしっかりと理解し、『ニノさん』ではトーク力や進行力を発揮して、司会の二宮和也さんをサポート。さらに『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』では、体を張ったドッキリに次々と引っかかり、全裸ドッキリを経験して同番組では人気の名物企画になっています。

新番組『何か“オモシロいコト”ないの?』は『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』のスタッフが多く関係し、同じく司会を務めるシソンヌ長谷川忍さんと菊池さんは番組共演も多いので、新境地を切り開いていくことが期待されています。
 

登録者数400万人超のYouTubeチャンネルも

また、菊池さんを語る上で欠かせないのが、二宮和也さんが率いるYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」(名称変更予定)への参加。2023年10月時点で登録者数400万人を超える巨大なチャンネルとなり、菊池さんは企画などで司会的な役割を担っています。先輩の「KAT-TUN」中丸雄一さんをイジリ倒し、さまざまな場面で笑いを生み出す場面も。

このYouTubeチャンネルの成功で、菊池さんは既存ファン以外にも認知され、バラエティ番組での活躍もあり相乗効果で人気を高めています。リアクションもトークも面白く、その上で体を張って脱げるという、新時代のアイドルとしてバラエティ番組での大ブレークを果たしています。

ここまで紹介しただけでも、2023年に入ってからいつ休んでいるのだろうと心配になるほど大活躍中の菊池さん。もちろん、Sexy Zoneとしての活動も絶好調で、もはや向かうところ敵なし状態。

アイドルとして、もしくは俳優として、さらにはバラエティタレントとして、さまざまな魅力を持つ人気アイドルの菊池さん。今後も新しい道を切り開いてくれることでしょう。

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」