ジブリ作品で声優を担当した男性芸能人の人気ランキング! 2位「神木隆之介」、1位は?

タレントパワーランキングが「ジブリ作品に声優として出演したことがある男性タレント」のランキング結果を発表。神木隆之介を抑えた1位は?(サムネイル画像:神木隆之介さん公式Xより)

「タレントパワーランキング supported by DmMiX」を運営するアーキテクトは、「ジブリ作品に声優として出演したことがある男性タレント」に焦点を当てたパワーランキングを検証し、9月13日に結果を発表しました。サンプル総数は1100人です。今回はその結果を紹介します。

>6位までのランキング結果
 

2位:神木隆之介


2位にランクインしたのは、神木隆之介さんです。

子役時代から安定した演技力が光る神木さん。2023年のNHK連続テレビ小説『らんまん』では、主人公の槙野万太郎を演じています。

ジブリ映画では複数の作品で声優を務めており、『千と千尋の神隠し』で坊役を、『ハウルの動く城』でマルクル役を、また『借りぐらしのアリエッティ』では翔役を担当しました。

1位:大泉洋


1位は、俳優、タレントとして活動する大泉洋さんでした。

大泉さんは演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして地元北海道で名を馳せると、バラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)で全国的な知名度を高めました。2023年は、4月から放送されたドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系)で、福山雅治さんと共に主要キャストを務めています。

ジブリ映画では『猫の恩返し』での国語の教師役をはじめ、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『思い出のマーニー』などの作品に出演しています。


>次ページ:6位までのランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】