『トリリオンゲーム』最終回 目黒蓮“ハル”×佐野勇斗“ガク”最強コンビの大逆転劇! 続編匂わせラストに期待の声

9月15日に放送されたドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)最終回のストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響を振り返ります。(サムネイル画像出典:『トリリオンゲーム』公式サイト)

目黒蓮さん、佐野勇斗さんが共演するドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)が、9月15日放送回で堂々完結! ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響を振り返ります。
 

前回(第9話)のあらすじはコチラ

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

最終回のあらすじ

トリリオンゲーム社の全ユーザー情報が漏洩し、凛々(福本莉子)は謝罪会見を行い、責任をとって社長を辞任すると宣言。会社の信用は地に落ち、売上も激減する中、ハル(目黒蓮)、ガク(佐野勇斗)、祁答院(吉川晃司)に、黒龍(國村隼)は会社を手放すよう迫ります。

ハルはキリカ(今田美桜)と結婚し黒龍家に入れという話はまだ生きているか問うと、トリリオンゲームの株を黒龍に売り、自身をドラゴンバンクの役員にするよう打診。祁答院も株を売ると決め、トリリオンゲームはドラゴンバンクの傘下に。ガクは株を手放さず、仲間たちとトリリオンゲームを守る決意をします。

トリリオンゲームを捨てドラゴンバンクへ寝返ったかのように見えたハルでしたが、裏では黒龍が隠蔽(いんぺい)し続けてきた数々の悪事の証拠集めに奔走。ガクにも協力を仰ぎ事実をスクープとして世に出そうと画策するも、ことごとく黒龍によってひねりつぶされ、ハルとガクは取締役会で黒龍から排除対象として締め上げられてしまいます。

しかし、ハルは逆に黒龍の社長解任を提案。黒龍に対し、悪事が明るみになり会社まるごとつぶれるか、社長から退くことで自身と会社を守るか、究極の二択を突きつけます。祁答院との協力により、すでに委任状を複数取り付けていたハルは、その場でキリカにも交渉。キリカは父と会社を守るために自身の株を売ると回答。ハルは新社長にガクを推薦。犯罪すれすれで戦った自分が表に出れば迷惑がかかると姿をくらまします。

その後、トリリオンゲームはドラゴンバンクを買収し傘下に収め、新社長にキリカが就任。トリリオンゲーム社、ドラゴンバンク社の社員たちも力を合わせて難局を乗り越えていきます。そして2年後、ガクの前にようやく戻ってきたハル。「俺らのワガママは世界一!」と、ハイタッチした2人は次なる野望へと目を向けるのでした。

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

爽快な大逆転劇! ハル&ガク最強コンビに感動の声

宿敵・黒龍との最後の闘いに勝ち、トリリオンゲームを取り戻すどころかドラゴンバンクを逆に飲み込むという爽快な展開に。トリリオンゲームの社長を辞任した凛々も、トリリオンゲームの傘下に入った蜜園フラワーの社長に就任。トリリオンゲームで出会った仲間たちが皆、希望ある未来へ進む姿が見られました。

X(旧Twitter)では、「黒龍社長との対決あたりから最後までずっと鳥肌」「ハル、ガク、凛々の3人で抱き合うところテンション上がった」「どれだけハッタリ男でも、どこまでも仲間を信じて思いやりながら前に進んでいくハルくん素敵でした」「逆転劇、あっぱれ!」「ハルガクコンビは最強」など感動コメントが続出。

また、ハルとガクが再会するラストには、「続きが映画化になりそうな予感した」「映画化? ドラマでセカンドシーズン? 見たい!」「Next Gameあってほしい」など、続編を切望する声が殺到しています。ハルとガクの新たな挑戦が見られるのか期待です。

『トリリオンゲーム』あらすじ&見どころバックナンバー

第9話 目黒蓮“ハル”×今田美桜“キリカ”最強タッグ爆誕も大ピンチに
第8話 衝撃ラスト“ハル”目黒蓮、まさか“桐姫”今田美桜と……? 
第7話 “ハル”目黒蓮、酢豚で交渉シーンに称賛の声 「圧巻」「何回観ても面白い」
第6話 ラストの友情感じる後ろ姿に「最高」「ちょっと泣ける」の声
第5話 佐野勇斗×今田美桜の遊園地デートシーンに「可愛すぎ」の声
第4話 “ハルガク”目黒蓮×佐野勇斗に決別の予兆?
第3話 目黒蓮×黒羽麻璃央の妖艶ホスト対決!
第2話 目黒蓮、色気MAX半裸&全力オタ芸に「キレッキレ」の声
第1話 目黒蓮×佐野勇斗、凸凹コンビ誕生に絶賛の声
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」