『トリリオンゲーム』第5話 佐野勇斗×今田美桜の遊園地デートシーンに「可愛すぎ」「きゅんとした」の声

8月11日に放送されたドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:『トリリオンゲーム』公式サイト)

目黒蓮さん、佐野勇斗さんが共演するドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)。8月11日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

第5話のあらすじ

ハル(目黒蓮)は祁答院(吉川晃司)に、大手芸能事務所のゴッド・プロモーション(ゴップロ)を買収しようと提案。ゴップロは祁答院の古巣で、マネージャー時代にひき逃げ事件を起こした過去が。しかしひき逃げ犯は売り出し中のタレントで、祁答院は罪を肩代わりしていました。祁答院とタッグを組んだハルは、ゴップロ社長・神(塚本高史)に買収を宣戦布告。

一方、ガク(佐野勇斗)は新設したゲーム事業が資金集めのためのダミーだったことを、桜(原嘉孝)たちに言いだせず。そんな中、ハルがゲーム開発資金の20億円を引き出したままいなくなってしまい、身勝手すぎる行為に激怒する凛々(福本莉子)。ガクはハルの力を借りず最高のゲームを開発すると決意します。

ガクはドラゴンバンク社のサーバーをハッキングし、人気ゲーム「ドラゴン娘」の開発者情報を盗もうとするも良心が許さず。セキュリティの不備を改修してアップデートの指示書も残します。それを知ったドラゴンバンク社長令嬢の桐姫(今田美桜)はガクをデートに誘い、遊園地デートを楽しむとガクに開発者情報を渡します。

「ドラゴン娘」の開発者・蛇島(鈴木浩介)を引き抜く交渉に向かったガクと凛々。蛇島から多額の報酬を条件に出され戸惑っていると、そこにハルが登場。ハルは、まずは社外アドバイザーとして参画してもらい、双方合意すれば条件を飲むと言って交渉をまとめます。ハルはガクの実力を認め、自分が間違っていたと謝罪。2人なら二兎も追える、ゲーム事業にも注力すると告げます。

一方、ハルと祁答院がゴップロの買収で株主らも取り込もうと動く中、神はドラゴンバンク社長の黒龍(國村隼)に泣きついていました。黒龍はハルたちトリリオンゲーム社をつぶそうと動きだして――。

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

最強コンビ愛&遊園地デートシーンが話題

ハルとガクが決別するかと思われていた第5話でしたが、結果的に絆を深めるラストに一安心。X(旧Twitter)では、「悪いことできない優しいガクだから、ハルは良心を取り戻せるんだろうね」「ガクがハッキングしたことを知ったハルのうれしそうな顔。ガクの才能を誰よりも信じてるハルだからこそ、自らの意志で動き出したことが嬉しかったのか…」「最強のコンビ」「二人の絆や関係性、崩れないでほしいな」「(ラストの)“俺ら”のワガママは世界一だ…泣ける」「最後凜々含めて3人が集まってやっぱ仲間、最高!となる美味しさ満点回」などのコメントが寄せられています。

また、ガクと桐姫の遊園地デートシーンにも話題が殺到。「待ち合わせのとこの桐姫かわいくてきゅんとしてしまった」「今日のMVPは『ガク~~っ!』って呼びながら走って来る桐姫様」「デートシーン可愛すぎた。ほんとに付き合っちゃえばいいのに!」「桐姫の可愛さをこれでもかと味わえた回」などの声が続出しています。

第6話では、天才クリエイター・蛇島がトリリオンゲーム社にジョイン。しかし、金儲け主義の蛇島とハートを大事にする桜は意見がかみ合わず――。一方、ハルと祁答院はゴップロ社長・神を退陣に追い込むため、株主たちの委任状集めに奔走。そしてゴップロ株主総会当日に事件が――! ドラゴンバンク社長・黒龍がいよいよハルたちを潰しにかかってくるのでしょうか。この先の展開から目が離せません。
 

『トリリオンゲーム』第6話 8月18日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは