『トリリオンゲーム』第2話 目黒蓮、色気MAX半裸&全力オタ芸に「キレッキレ」「最高」の声

7月21日に放送されたドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『トリリオンゲーム』公式サイト)。

目黒蓮さん、佐野勇斗さんが共演するドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)。7月21日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

第2話のあらすじ

突然現れた謎の男・祁答院(吉川晃司)から出資話を持ちかけられたハル(目黒蓮)とガク(佐野勇斗)。キャバクラで今夜中に1人落とせというとんでもない条件もハルが難なくクリアし、無事3000万円の出資を受けることに。ハルは祁答院に「最初の1カ月で売上300万円達成」を約束します。
 

ついに「株式会社トリリオンゲーム」を立ち上げた2人は早速、人材募集を開始。仕事内容は採用した人に決めてもらうというハルの無計画ぶりに不安を覚えるガク。しかしハルの作戦により応募者多数。その中から、真面目過ぎるがゆえに就活で全敗中の大学生・凛々(福本莉子)を採用し、入社1日目にして代表取締役に任命します。
 

打ち出したのはAIを使ったオンラインショップ事業「ヨリヌキ」。しかしAIとは名ばかりで、実際は凛々がAI風キャラクター「トリンリン」になりすまし、裏で顧客からの相談に応えるという人力の“ハッタリAI”。1週間後の売上はわずか5万弱。祁答院に宣言した目標金額には到底届くあてもなく、ハルたちはドラゴンバンク社長令嬢の桐姫(今田美桜)に会いに行き、ドラゴンバンクの新作ゲームを売らせてほしいと頼みます。
 

桐姫は条件として別商品の抱き合わせ販売を提示。社長として決断を迫られた凛々は断り、桐姫から「堅物」と評されます。責任を感じ選択を誤ったと謝罪する凛々に、ハルとガクは真面目で誠実な凛々だからこそ採用したと返します。これまでの売れ行きから「モテ」と、大学4年間、花屋でアルバイトをしていた凛々の知識に的を絞る作戦に変更。知名度を上げる作戦としてオタ芸のカリスマ(シソンヌじろう)に接触し、推しメンバーへのプレゼントに利用させると、SNS上でみるみる拡散され、見事1カ月で300万円の売上を達成するのでした。
 

売上達成を祁答院に報告したハルたち。次の戦略を問われると、ハルはオンラインショップをまるごと売り払うと宣言。祁答院に買い取り手として蜜園社長(余貴美子)を紹介してもらいます。蜜園は買収条件として、「花を1カ月で2000万円売上」と提示してきて――。

 

トリリオンゲーム
画像出典:TBS系『トリリオンゲーム』公式サイト

 

目黒蓮、全力オタ芸に「キレッキレ」「最高」の声

祁答院から出資された3000万円の現金で札束風呂に興じたり、全力でオタ芸を披露しオタ芸のカリスマに接触したりと、ハルを演じる目黒蓮さんのバラエティに富んだ芝居にTwitterではファンから歓喜の声が殺到。
 

「オタ芸がキレッキレでかっこいいw素敵なダンスみたいww」「目黒くん、オタク役も完璧じゃないか?この人に演れない役なんてないんじゃないかとさえ思えてきた」「オタ芸するめめが見れるなんて予想してなくてパニック」「オタ芸まじで完成度高くて最高」「色気MAXで窓ガラスに映る姿と全力のオタ芸のギャップ…」などのコメントが寄せられています。
 

蜜園社長からの条件「花を1カ月で2000万円売上」達成するため、ハルとガクは新宿歌舞伎町のホストクラブへ。フラワーギフトの最大市場である夜の町でホストになり、大勢のお客にAIショップを利用してもらう作戦だが、ガクの生真面目な性格があだとなりトラブルに発展。一方、蜜園は客のフリをしてムチャな注文をし、さらに桐姫が蜜園フラワーに買収を迫り――。次々迫る危機を3人がどう乗り越えていくのか注目です。
 

『トリリオンゲーム』第3話 7月28日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在