元ジャニーズJr.橋田康、“ジャニーズ問題”について「矛先を間違えないでください」と言及。「この発言をできる橋田さんがただただ凄い」

元ジャニーズJr.の橋田康さんは9月13日、自身のXを更新。“ジャニーズ問題”について言及しました。(サムネイル画像出典:橋田康さん公式Xより)

元ジャニーズJr.の橋田康さんは9月13日、自身のX(旧Twitter)を更新。“ジャニーズ問題”について言及しました。

【実際の投稿:橋田康、“ジャニーズ問題”について言及】

「橋田さん、優しいですね」

橋田さんは投稿で「どうか今いるタレントさん達への否定やイタズラ 二次被害三次被害に繋がってしまうような事はやめてください」と呼び掛け、続けて「そんな事、僕は少しも求めてません」と強く否定しています。

さらに、「少しでも僕の告白が綺麗な未来の為に繋がっていくかもと思ってくださるならば タレントはタレント 会社は会社として考えてほしいです。特に今は変化の時だから沢山の人が混乱してる時だと思うんです。矛先を間違えないでください。どうか届きますように」と、タレントと会社は分けて考えるように要望しました。

コメントでは、「ご自身がつらい経験をされているのに...所属タレントへの愛、ありがとうございます」「本当に傷を抱えてる方が救われますように…本当に苦しんでる方が救済されますように…」「事務所もタレントを守るように動いて欲しい」「橋田さん、優しいですね」「ご自身も長年苦しくてつらい思いをしてきたのにこの発言をできる橋田さんがただただ凄い」など、さまざまな声が上がっています。
 

俳優や芸能事務所の代表として活動

橋田さんは、1998年にジャニーズ事務所に入所し、その後約7年間在籍。現在は俳優として活動するとともに、芸能事務所の代表も務めています。2023年5月には、故・ジャニー喜多川元社長からの性被害を告白していました。
 


>次ページ:ジャニーズ事務所会見当日のポストも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」