無印の“お家芸”、トマトスープに備蓄食品が! 災害時の栄養補給に最適【元社員がお試し】

衣服雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、無印良品から新発売となった長期保存商品を試して解説しました!

毎年9月は「防災月間」とされています。1923年9月1日に関東大震災が発生し、台風や大雨といった自然災害が起こりやすい時期であることから制定されました。

そんな防災月間に先駆けた8月23日より、日用品ブランド・無印良品から保存期間が長く、災害時にも役立つ備蓄食品が登場! 今回は無印良品で勤務歴のある筆者が「1/3日分の野菜を使ったトマトスープ」(税込350円)を試してみました。
 

 無印の“お家芸”、トマトスープに備蓄商品が登場

「1/3日分の野菜を使ったトマトスープ」(税込350円)
「1/3日分の野菜を使ったトマトスープ」(税込350円)
少し前まで、無印良品のスープといえば「フリーズドライ」でした。勤務時代、フリーズドライの中でも特に人気だったのが「北海道産玉ねぎのオニオンスープ」「オクラ入りねばねば野菜のスープ」そして「5種野菜のミネストローネ」。そんな無印の“お家芸”でもあるトマト系のスープで、長期保存の商品が出たのはうれしいところです。
 

これ備蓄食品!? と疑うレベルの高クオリティな味わい

備蓄食品とは思えないほどの豊かな香りを楽しめる
備蓄食品とは思えないほどの豊かな香りを楽しめる
口にいれると、トマトのフルーティーな酸味が広がります。バジル、タイム、オレガノで香りよく仕上げられており、備蓄用だということを忘れそうになるほどでした。
 
具だくさんで災害時の栄養補給にもうれしい
具だくさんで災害時の栄養補給にもうれしい
スープの中にはキャベツやジャガイモなど、ゴロゴロとした4種の具材がたっぷり入っていました。1袋で1/3日分の野菜(※)を取れるというのも納得です。

※生野菜換算で117グラム
 

最長2年保存可能。レトルト食品と合わせてストックしたい一品

無印良品のレトルト食品と合わせて保存しておきたい
無印良品のレトルト食品と合わせて保存しておきたい
災害時にも日常でも、不足しがちな野菜を手軽に取れるよう開発された無印良品の「1/3日分の野菜を使ったトマトスープ」。賞味期限は未開封で最長2年。無印良品のレトルト食品と合わせて備えておくのもおすすめです。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応