まるでガトーショコラ!? 無印の備蓄食品「チョコようかん」を元社員が激推しする理由とは?

衣服雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、無印良品から新発売となった長期保存商品を試して解説しました!

しっとり食感がうれしい「チョコようかん」
しっとり食感がうれしい「チョコようかん」
毎年9月は「防災月間」とされています。1923年9月1日に関東大震災が発生し、台風や大雨といった自然災害が起こりやすい時期であることから制定されました。

そんな防災月間に先駆けた8月23日より、日用品ブランド・無印良品から保存期間が長く、災害時にも役立つ備蓄食品が登場! 今回は無印良品で勤務歴のある筆者が「備蓄おやつ チョコようかん」(税込780円)を試してみました。
 

最長4年6カ月保存可能!? 「井村屋」製造で安心の味わい

備蓄おやつ チョコようかん
最長4年6カ月も保存できる「備蓄おやつ チョコようかん」
無印良品の「備蓄おやつ チョコようかん」は、発売直後から話題殺到! ネットストアでは一時在庫なしの状態がつづいていました。最長4年6カ月もの長期間保存できるのだから驚きです。

裏面を確認すると、なんと製造所はお菓子メーカーとして名高い「井村屋」。これは味も期待できそうです。丁寧に練り上げた羊かんをバリア性の高いフィルムに充填(じゅうてん)し、長く保存できるよう工夫されています。
 

災害時にうれしい“しっとり食感”

備蓄おやつ チョコようかん
しっとりしたおいしさが魅力
備蓄用お菓子はビスケットやクラッカーなど乾燥したものが多い印象があります。甘みを感じられるのはうれしいですが、口の中がパサつくのがたまにキズ……。その悩みを、無印良品の「チョコようかん」が解決してくれます。

食べてみると、チョコレートとあんこが互いに邪魔することなく、甘みと程よい苦みが感じられます。口コミには「普段和菓子を食べない私はガトーショコラに近いよう感じた」という声もありました。濃厚でしっとりしており、疲れたりショックを受けたりしたときにもホッとできそうです。
 

個包装で手軽にエネルギー補給ができる

備蓄おやつ チョコようかん
ようかんは個包装(5個入)で手が汚れにくい仕様
さらに、個包装で手が汚れにくくなっているのもうれしいポイント。必要な分だけ消費でき、複数人で分けて食べやすいのも魅力です。

小さく見えても1本197kcalと、食パン1枚程度のカロリーを摂取可能。「食べ慣れている味が災害時の安心につながる」という考えのもと、商品を開発してきた無印良品らしいアイテムともいえます。

ストレスのかかる災害時、エネルギーを補給しながら心の安らぎにつながる「備蓄おやつ チョコようかん」が手元にあるだけで少し安心できそう。まだ在庫があるうちに、ぜひゲットしてみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」