「えっちすぎる」乃木坂46・遠藤さくら、美尻あらわな水着姿のバックショット公開! 「刺激が強い」

乃木坂46の遠藤さくらさんの1st写真集『可憐』(集英社)の公式Xが、9月4日に投稿を更新。水着姿のバックショットを公開しました。(サムネイル画像出典:遠藤さくらさん1st写真集『可憐』公式Xより)

乃木坂46の遠藤さくらさんの1st写真集『可憐』(集英社)の公式X(旧Twitter)が、9月4日に投稿を更新。美尻が際立つ水着ショットを公開しました。

【実際の投稿:遠藤さくら、美尻あらわな大胆水着ショット】
 

「眩しすぎて直視できない」

同アカウントは「本日はさくちゃんが初センターを務めた『夜明けまで強がらなくてもいい』がリリースされた日。そんな記念すべき日に解禁するのは、話題になったドット柄水着のバックショットです」とつづり、1枚の写真を投稿。赤いひもが印象的な水玉模様の水着を着た遠藤さんの姿を公開しました。艶やかさを感じる振り返った表情と、遠藤さんの透き通った肌や美尻など色っぽさを感じる写真です。

ファンからは「後ろ姿も綺麗だよ」「リリース日だったのか!おめでとう!」「可愛いすぎる。早く買いたい」「眩しすぎて直視できない」「刺激が強い!」「えっちすぎる!!」など、称賛の声が多く寄せられています。
 

正面からのショットも公開

同アカウントでは先行カットをこれまでにもたびたび投稿。8月22日には今回と同じ水着姿の正面からのカットも公開していました。同写真集は10月3日に発売予定。今後はどんな写真を載せてくれるのか、楽しみですね。


>次ページ:遠藤さくらさんの水着ショットをもっと見る
【遠藤さくらさんの写真集をチェック!】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」