「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキング! 1位は『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』二宮和也、大沢たかお、中谷美紀【2023年】

10月から放送が始まる秋ドラマについて、All About ニュース編集部では独自のアンケート調査を実施。その結果を基に、「主演俳優に期待している秋ドラマ」人気ランキングを作成しました。はたして、どのドラマが上位にランクインしたのでしょうか?(サムネイル画像出典:『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』の公式Instagram)

今年の夏ドラマもほとんどの作品が佳境を迎え、最終回に向けて盛り上がりを見せています。そんな中、次の秋ドラマの詳細も報道されはじめ、期待が高まるところです。

All About ニュース編集部は8月17~31日、全国10~60代の211人を対象に「2023年の夏&秋ドラマ」に関するアンケート調査を実施しました。その中から「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキングを紹介します!

>8位までの全ランキング結果を見る

2位:家政夫のミタゾノ(火21 テレビ朝日系)|松岡昌宏(TOKIO)


2位は、テレビ朝日系で放送予定の『家政夫のミタゾノ』です。主人公の女装した大柄な家政夫・三田園薫(ミタゾノさん)を、TOKIO・松岡昌宏さんが担当。今回のドラマは「第6シリーズ」となり、初回放送は10月10日を予定しています。

ミタゾノさんは、家事は何でもできてしまうスーパー家政夫ながら寡黙で神出鬼没。不気味なキャラクターが人気で、派遣された家族の間に巣食う「根深い汚れ」を毎回スッキリ掃除します。松岡さんの無表情ながら味のある演技もドラマの見どころで、ミタゾノさんの魅力にハマってしまう中毒者が続出。

泉谷しげるさん、伊武雅刀さん、黒木瞳さん、松本まりかさんなど豪華なゲストが登場予定で、早くも期待が高まっています。

回答者からは、「松岡さんの女装姿が回を追うごとにしっくりしており、今回のシリーズではどんな癖を加えた女装が見られるのか期待しています」(40代女性・香川県)、「松岡さんがうま過ぎて、目が離せないです」(30代女性・神奈川県)、「松岡さんももうベテランの域だと思いますが、これほどのハマり役はないと思っています。脚本も凝っていて飽きる事がありません」(50代女性・新潟県)などの意見が寄せられました。

1位:ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~(月21 フジテレビ系)|二宮和也、大沢たかお、中谷美紀


1位は、フジテレビ系で「月9ドラマ」として放送予定の『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』です。今回は豪華にトリプル主演となり、嵐の二宮和也さん、大沢たかおさん、中谷美紀さんがキャスティングされています。

1年のうちで日本中が大盛り上がりするクリスマスイブを舞台とし、聖夜という「たった1日」の特別な出来事を1クールかけて描く「謎と愛と奇跡の物語」です。ドラマでは、3人の物語が同時並行で進行し徐々に運命が交錯。現在のドラマでは定番となった「伏線」が随所に張られる作品で、最終話で全て回収されるストーリーとなります。

二宮さんは、警察に追われる逃亡犯・勝呂寺誠司、中谷さんは報道キャスターの倉内桔梗、大沢さんは頑固な孤高のシェフ・立葵時生をそれぞれ担当。全員が月9では初主演で、二宮さんは、中谷さん、大沢さんと初共演となります。監督は、『HERO』シリーズなどを手掛けた鈴木雅之さんで、『翔んで埼玉』で「第43回日本アカデミー賞」の最優秀脚本賞を受賞した徳永友一さんがオリジナル脚本を描き下ろします。

回答者からは、「出演者が豪華だと感じるから」(20代女性・東京都)、「二宮和也の恋愛ドラマ久しぶり!なので気になってます」(20代女性・兵庫県)、「個性のあるキャストが集まっているから」(40代男性・新潟県)などの意見が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>8位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由