「主演俳優が良い」と思う夏ドラマランキング! 1位『VIVANT』、2位は?【2023年】

All About ニュース編集部では、2023年の夏ドラマに関して独自のアンケート調査を実施しました。この記事では、「主演俳優が良い」と思う夏ドラマランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:『VIVANT』の公式Instagram)

多くの作品が佳境を迎えている、2023年の夏ドラマ。さまざまなドラマが現在も放送中です。

All About ニュース編集部は8月17~31日、全国10~60代の211人を対象に「2023年の夏&秋ドラマ」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「主演俳優が良い」と思う夏ドラマランキングを紹介します!

>15位までの全ランキング結果を見る

2位:らんまん(月~土8 NHK)|神木隆之介


2位は、NHK連続テレビ小説『らんまん』の主人公・槙野万太郎を演じている「神木隆之介」さんです。高知県出身の植物学者・牧野富太郎さんをモデルとして、波乱に満ちた生涯を描いています。ヒロインで妻の槙野寿恵子は浜辺美波さんが担当。

万太郎は、高知県の裕福な酒蔵に生まれ育ちながらも植物に魅せられてしまいます。幕末から明治、さらに大正、昭和へと舞台がつながり、後に「日本の植物学の父」と呼ばれる万太郎の情熱と支えてくれた家族の姿を楽しむことができます。

『らんまん』で夫婦を演じている神木さんと浜辺さんは、映画『ゴジラ-1.0』でも主演とヒロインを担当することになり、再共演も楽しみです。

回答者からは、「演技力があり、癖の無いお芝居をされるので」(30代女性・高知県)、「完全に槙野万太郎になり切っている。土佐弁も自然で、表情の豊かさに日々感心している」(60代女性・東京都)、「神木さんは今まで主演では見かけなかった気がするので、とても新鮮なのと、女性ヒロインでなく男性というのも良いと思いました」(50代女性・新潟県)などの意見が寄せられました。

1位:VIVANT(日21 TBS系)|堺雅人


1位は、TBS系の日曜劇場『VIVANT』に出演している「堺雅人」さんです。2023年の夏ドラマでナンバーワンと言える、超豪華なキャストと壮大なスケールで撮影されている『VIVANT』。視聴率も好調で、注目度が最も高いドラマとなっています。

日曜劇場の顔とも言える堺さんが演じるのは、主人公の乃木憂助。ドラマの登場時点で乃木は、海外を飛び回る丸菱商事の冴えない中堅社員でした。しかし、物語がすすむに連れ自衛隊の秘密部隊「別班」の1人であることが明かされ、そこからは頭脳明晰(めいせき)で運動神経抜群、武器の扱いも超一流という素顔を見せます。

堺さんは、冴えない男から超一流の秘密部隊員に様変わりする過程を、圧倒的な演技力で見事に視聴者を裏切りながら表現。さらに、別人格・F(エフ)と会話する描写もあり、一人二役を演じています。

回答者からは、「堺さんが出ているドラマ全部好きだから」(30代女性・岐阜県)、「個性派俳優が勢揃いでありながら圧倒的な存在感がある」(40代女性・広島県)、「二重人格の主人公を見事に演じているから」(30代女性・東京都)などの意見が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>15位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」