「期待している秋ドラマ」ランキング! 1位『家政夫のミタゾノ』、2位は?【2023年】

All About ニュース編集部では、独自のアンケート調査を行い、これから放送を控える秋ドラマに関するランキングを作成しました。この記事では、「期待している秋ドラマ」人気ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:『家政夫のミタゾノ』の公式Instagram)

10月から各局でスタートする、2023年の秋ドラマ。バラエティ豊かな作品が勢ぞろいし、ドラマファンをワクワクさせています。

今回、All About ニュース編集部は8月17~31日、全国10~60代の211人を対象に「2023年の夏&秋ドラマ」に関するアンケート調査を実施しました。その中から、「期待している秋ドラマ」ランキングを紹介します!

>12位までの全ランキング結果を見る

2位:きのう何食べた? Season2(金24:30 テレビ東京ほか)


2位は、テレビ東京系で放送される『きのう何食べた? Season2』です。西島秀俊さんと内野聖陽さんがダブル主演を務めるドラマ『きのう何食べた? Season2』は、2019年4月から放送されたドラマの続編で2021年11月には劇場版も公開。よしながふみさんの漫画を原作として、2LDKのマンションで同居する中年男性2人の心温まる愛の物語を堪能できます。

料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗を西島さん、恋人で感情表現豊かな美容師・矢吹賢二を内野さんが演じます。2人の何気ない日常が、おいしそうなご飯を通して描かれていきます。

今回の『Season2』では、アラフィフに突入した2人を中心に、誰もが経験する環境や身体的、精神的な変化を感じることができます。ドラマの中で登場する料理は、前作同様に実用的なレシピでつい作ってみたくなるものばかり。多様性が叫ばれる中で、2人がどんな日常を見せてくれるのか楽しみです。

回答者からは、「ドラマの内容は特にこれっていうのがないのだけれど、なぜか引き込まれてしまうドラマだから。料理も自分が作る参考にさせてもらっているので次回作も超期待しています」(50代女性・長野県)、「2人のやりとりの自然さや、時折刹那さを感じる気持ちのすれ違いなど、観ていて飽きのこない演技派俳優2人をまた観たいです」(30代女性・東京都)、「料理のシーンだけでなくドラマパートも繊細に描かれていて気に入っています」(30代女性・栃木県)などの意見が寄せられました。

1位:家政夫のミタゾノ(火21 テレビ朝日系)


1位は、テレビ朝日系で放送される『家政夫のミタゾノ』です。TOKIOの松岡昌宏さんが主演を務める人気ドラマシリーズで、今回は第6シリーズとして放送。10月10日に初回放送を迎え、今回も女装した大柄な家政夫・三田園薫(ミタゾノさん)が大活躍します。

ミタゾノさんは、派遣された家庭の内情をのぞき見し、家族の間に巣食う「根深い汚れ」までスッキリと掃除してくれるスーパー家政夫。2016年10月から第1作目がスタートした作品で、過去に大ヒットした『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)や『家政婦のミタ』(日本テレビ系)のオマージュも感じられる、全く新しい家政婦ドラマとして人気に。

ゲストとして、泉谷しげるさん、伊武雅刀さん、黒木瞳さん、松本まりかさんなどが発表され期待が高まります。新シリーズでも、どこか不気味で病みつきになるミタゾノさんの魅力を体感することができそうです。

回答者からは、「再びのドラマで定番化してきたが、安心感と一方で飽きられない工夫を松岡昌宏がどのように表現していくかに注目している」(40代男性・静岡県)、「新シリーズでも面白い家政夫ミタゾノさんの活躍を見たい」(30代女性・千葉県)、「毎回松岡くんがおもしろいし怖いし謎めいていて楽しい。家事のやり方も勉強になる」(30代女性・岡山県)などの意見が寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

>12位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは