【崎陽軒】お値打ちな「おべんとう秋」を食リポ! 4種類の「きのこ」や秋の味覚がたっぷりで美味

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒は、秋の味覚を楽しめる「おべんとう秋」を2023年9月1日から期間限定で発売。お値打ち価格なのにいろいろなおかずが楽しめる人気のお弁当です。

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒は、秋の味覚を楽しめる「おべんとう秋」を2023年9月1日から期間限定で発売。お値打ち価格なのにいろいろなおかずが楽しめる、人気のお弁当を食べてみました!(画像は筆者撮影)

旬の味覚を味わえる「おべんとう」シリーズ

「おべんとう秋」(税込780円)
「おべんとう秋」(税込780円)

四季折々で内容が変化する「おべんとう」シリーズ。リーズナブルな価格にもかかわらず、少しずついろいろなおかずが入っているので、楽しみにしている崎陽軒ファンも多いのでは。

2023年9月1日~11月30日までの予定で販売する「おべんとう秋」は、秋の味覚がギュッと詰まっています。

4種類のきのこが味わえる「おべんとう秋」

「おべんとう秋」は、4種類のきのこを使用
「おべんとう秋」は4種類のきのこを使用

「おべんとう秋」は、4種類のきのこ(舞茸、ぶなしめじ、えのき茸、椎茸)が使われているのが特徴です。

内容は次の通り。

きのこごはん(トッピング:紅葉型人参、舞茸煮)、秋鮭の塩焼き、蓮根入りつくね煮、チンゲン菜と白滝ときのこの和え物、昔ながらのシウマイ2個、椎茸煮、人参煮、蓮根煮、筍煮、生姜風味大根漬け、大学芋

「きのこごはん」は、きのこを具材にし、紅葉型人参と舞茸煮をトッピングした秋らしいごはん。一口食べると秋の香りが
「きのこごはん」は、きのこを具材にし、紅葉型人参と舞茸煮をトッピングした秋らしいごはん。一口食べると秋の香りが
秋に旬を迎えるチンゲン菜のシャキシャキ感が楽しめる「チンゲン菜と白滝ときのこの和え物」
秋に旬を迎えるチンゲン菜のシャキシャキ感が楽しめる「チンゲン菜と白滝ときのこの和え物」
「秋鮭の塩焼き」はほどよい塩味でごはんが進む!
「秋鮭の塩焼き」は程よい塩味でごはんが進む!
じゅわっと出汁がしみた「椎茸煮」
じゅわっと出汁がしみた「椎茸煮」
昔ながらのシウマイは2個入っている
昔ながらのシウマイは2個入っている
シウマイ弁当にも入っている「筍煮」がうれしい!
シウマイ弁当にも入っている「筍煮」がうれしい!
デザート代わりの「大学芋」も秋の味覚
デザート代わりの「大学芋」も秋の味覚

利用店舗での予約をおすすめ

「おべんとう秋」は、神奈川・東京を中心とした約160店舗で販売されています。私が購入した日には、4個まとめ買いしていたお客さんがいました。

各店舗の入荷数はまちまちなので、まとめ買いしたい人や確実に入手したい人は利用店舗や店舗受取のページ(3日前の12:00まで)で予約しておくことをおすすめします。


この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは