水卜麻美アナ、幼少期と現在の比較ショット公開に「美少女」の声! 「小さい頃から食べるの好きなんですね」

日本テレビのアナウンサー・水卜麻美さんは8月26日、自身のInstagramを更新。幼少期と現在の比較ショットを公開しました。(サムネイル画像出典:水卜麻美さん公式Instagramより)

日本テレビのアナウンサー・水卜麻美さんは8月26日、自身のInstagramを更新。幼少期と現在の比較ショットを公開し、話題となっています。

【実際の投稿:水卜麻美アナ、幼少期と現在の比較ショット】
 

「変わらないですね」「ご飯粒かわいい…」

水卜さんは「#24時間テレビ 今年のポスターの写真でした」とつづり、1枚の画像を投稿。左上に幼少期の自身と思しき写真、右下に現在の写真を載せました。幼少期の写真は何かを食べている様子で、口周りに食べ物が付いているように見えます。

ファンからは「昔も今もかわいい」「小さい頃から食べるの好きなんですね」「ご飯粒かわいい…」「変わらないですね」「小さい頃から美少女ですね」などのコメントが寄せられました。

【こちらも読む→橋本環奈、かわいすぎる幼少期の姿を公開!
 

『24時間テレビ』の総合司会は10年連続

26、27日に放送された大型特番『24時間テレビ46』(日本テレビ系)では総合司会を務めた水卜さん。『24時間テレビ』の総合司会は10年連続となりました。同番組の公式X(旧Twitter)には、同じく総合司会を務めた元同局アナウンサーで現在はフリーで活動する羽鳥慎一さんとのツーショットも公開されています。今後の水卜さんの活躍からも目が離せませんね。

【こちらも読む→【24時間テレビ】2000年以降で印象に残っている「パーソナリティ」ランキング!
 

>次ページ:水卜アナ&羽鳥さんのツーショットも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」