「仕事の悩み」ランキング、ダントツ1位は全世代で「給与が低い」。「人間関係」を大きく上回る結果に

「ミライのお仕事」を運営するネクストレベルは、社会人経験のある296人を対象に「いま抱えている仕事の悩み」というテーマでアンケートを実施しました。

「ミライのお仕事」を運営するネクストレベルは、社会人経験のある296人を対象に「いま抱えている仕事の悩み」というテーマでアンケートを実施しました。調査期間は8月4~9日です。本記事では、「仕事の悩み」ランキングを中心に紹介します。

>「仕事の悩み」ランキング、10位までのランキング結果
 

「仕事の悩み」ランキング! 圧倒的な1位は「給与が低い」

「仕事の悩み」ランキングの1位は「給与が低い」(37.2%)でした。次いで、2位「社内の人間関係」(12.8%)、3位「会社の将来性・安定性」(9.8%)と続きました。1位の「給与が低い」は、20代から50代までのいずれの年代でも1位となっており、特に20代では42.1%に上ります。

回答者からは「勤続20年だが、年収はほとんど変わっていない(会社員・42歳女性・神奈川県)」「若い頃は景気も良く順調に賃金も上がっていましたが、不景気が続き思うように伸びず(会社員・44歳男性・静岡県)」などのコメントが集まっていました。
 

仕事を「辞めたい」と思ったことがある人は7割以上

「仕事を辞めたいと思ったことがある」と回答した人は73.3%で、「仕事を辞めなかった理由」を聞いたところ、「生活ができない」(38.2%)がトップとなりました。次に「転職は難しい・面倒」(26.4%)が続いています。

回答者からは「もう会社で這い上がっていくのは難しいのかなと思います。かといって、転職がうまく行くとも限らず、袋小路に入ってしまったような気分です」(会社員・46歳男性・千葉県)などの声が寄せられていました。
 

仕事の悩みを相談する相手は「家族」

仕事に悩んだときに行うことの1位は「誰かに相談する」(54.1%)でした。「誰かに相談する」と回答した116人に、その「相談相手」を聞いてみると、最も多かったのは「家族」(38.8%)。次いで、「友人」(19.8%)、「同僚」(15.5%)と続く結果になりました。

回答者からは「夫に現状と私の気持ちや今の仕事について話し、励ましてもらってモチベーションをキープする(パート/アルバイト・33歳女性・静岡県)」「誰かに愚痴を聞いてもらうだけですっきりすることが多い(会社員・38歳男性・京都府)」などのコメントが寄せられていました。


>次ページ:「仕事の悩み」ランキング、10位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは