「令和放送の日曜劇場」で続編が見たいドラマランキング! 2位『ラストマン』を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は「令和放送の日曜劇場」に関するアンケート調査を実施。「令和放送の日曜劇場で続編が見たいドラマ」で1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)公式Webサイトより)

大好きだったドラマが最終回を迎え、ロスになってしまう視聴者も多いのではないでしょうか。数年後に続編が作られることも多く、その後の展開が見たい! という声も多く聞かれます。

All About ニュース編集部は7月27日~8月10日、全国10~70代の318人を対象に「令和放送の日曜劇場」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「令和放送の日曜劇場で続編が見たいドラマ」ランキングを紹介します!


>10位までの全ランキング結果
 

2位:『ラストマンー全盲の捜査官ー』

あ
『ラストマンー全盲の捜査官ー』
画像出典:公式Webサイト

2位に選ばれたのは、全盲のFBI特別捜査官という難しい役を見事にこなした、福山雅治さん主演の『ラストマンー全盲の捜査官ー』。

福山さん演じる主人公・皆実広見とバディを組んだのは、大泉さん演じる警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗。凸凹コンビに思われた2人ですが、いつしか名コンビとなっていき、思いも寄らない手段で、見事に事件を解決していきます。

回答理由に「まだまだ続きがありそうな最終回だったと思うから」(30代女性)、「アメリカに派遣された後が気になる」(60代男性)、「大泉洋さんと福山さんが更にパワーアップしてそうなので、それを考えるだけでも面白そうだから」(50代女性)などの意見が寄せられました。

 

1位:『半沢直樹(2020)』

『半沢直樹 (2020)』
『半沢直樹(2020)』
画像出典:公式Webサイト

1位に選ばれたのは、驚異の大ヒットドラマとなった『半沢直樹(2020)』でした!

名セリフ「やられたらやり返す、倍返しだ」とともに、逆転劇・勧善懲悪のストーリーが人気を博した本作。有能な銀行マンである主人公・半沢直樹(堺雅人)が、銀行を巡る不正を暴き、悪に立ち向かっていきます。2013年に放送され、一大ムーブメントを巻き起こした第1シリーズから7年という月日を経て、待望の第2シーズンが放送されました。

回答では「日本を代表するドラマとして、永遠に続編を見続けたいほど、作品のストーリー性と出演者に惹かれているからです」(40代女性)、「半沢直樹が頭取になるまで進んで行く様を観たい」(30代女性)、「あらたな舞台を見てみたいためです」(40代男性)などの声が聞かれました。

※回答者コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:チバ ミサキ

美大卒業後、新聞社などに勤務。デザイナー兼ライター。趣味は掃除と植木の世話。 暮らしかたも文章もシンプルさを目指していきたいです。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」