シングルマザーと公表した23歳・藤咲凪、「自分の口から伝えられて良かった」匿名コメントでの嫌がらせや盗撮も告白

音楽ユニット「最終未来少女」の藤咲凪さんが、8月20日放送の情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、2児の母であることを告白。同日、自身のInstagramで現在の心境などを語りました。(サムネイル画像出典:藤咲凪さん公式Instagramより)

音楽ユニット「最終未来少女」の藤咲凪さんが8月20日、自身のInstagramを更新。同日に出演した情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、シングルマザーであると公表した件について、思いをつづりました。
 

【実際の投稿:藤咲凪、シングルマザーと初公表に反響】
 

「いい判断だったと思います」

藤咲さんはInstagramの投稿で、「番組内でお話させて頂いたのですが、私は、シングルマザーです」「正直、隠し通す という選択も自分の中でありました。ですが憶測で色々言われてしまったり、嫌がらせなのか、匿名アカウントで子供の名前をコメントしてくる方がいたり、外出中に盗撮があったり等が続いていて隠し通す事への限界を感じていました」と吐露。
 

続けて、「そしてどんどん嘘の情報を流されてしまうんじゃないかという恐怖もあり、その前に自分の口からお伝え出来た」と公表する決断の経緯も明かしています。「タイミング等本当にすごく悩みましたが」「自分の口から伝えられて良かったなと思っています!」と、後悔はないようです。
 

コメントには、「最初はとてびっくりしました!」「正直に伝えてくれてありがとう」「母は強しですね!」「いい判断だったと思います」「応援してますよ!」など、多くの声援が寄せられました。
 

現在の思いや背景を語る動画も公開

同日、YouTubeチャンネル「最終未来少女」では、動画を更新。子どもたちの顔にはモザイクが入っていますが、藤咲さんが育児をするシーンなどを公開。専業主婦だった藤咲さんが地元の北海道から上京に至った経緯や、アーティストを目指した理由などを1分30秒の動画で語っています。気になる人は、ぜひチェックを。
 



>次ページ:藤咲凪、動画『二児の母がアーティストを目指した理由』などを見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」