「物価は上がったのに給料は上がらず不満」年収420万円・都内シングルマザーの1カ月のリアルな収支内訳

All About編集部が3月30日~4月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、東京都杉並区に住む、34歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部では、3月30日~4月7日にかけて「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートを実施しました。今回は、その調査結果を基にリアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と比較するなど、参考にしてみてください。
 

34歳、年収420万円のシングルマザー「物価は上がったのに給料は上がらないのが不満」

今回は、東京都杉並区に住む、34歳女性世帯の生活実態です。

子どもが1人のシングルマザーで、年収が420万円。現在の生活について、「物価が上がったにもかかわらず、給料が上がらないのが不満。とくに光熱費は値上がりを痛感していますが、寒いのを我慢して健康を害すのもばかばかしいと思っています」と話していました。

家賃や食費、光熱費など、主な1カ月の収支内訳は以下です。

■東京都杉並区、34歳女性世帯の収入状況と1カ月の主な出費内訳
年収:420万円
家賃:14万2000円
間取り:2LDK(アパート)
食費:3万2000円
交際費:5000円
電気代:1万円
ガス代:8000円
水道代(2カ月での請求額):800円(ひとり親のため、割引適用)
通信費:1万5000円
車:なし
その他:子どもの習い事3万円、美容代3万円

現在行っている家計のやりくりのポイントや節約術を聞くと、「毎日家計簿をつける。どんぶり勘定せずに全体を把握する。そうすれば使いすぎればセーブしようと考えるし、予算に対して余れば満足度も高くなります」と教えてくれました。

今後については、「iDeCoや投資を積極的に行っていきます。貯金だと利息もつかないので、節税しつつ資金を増やしていくことを考えていきます」と話しました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「光熱費値上がり…真冬でも着込んで暖房オフ、食器も水で洗う」世帯年収530万円、4人家族の生活実態
「もう1人子どもほしいが生活が厳しい」世帯年収750万円・子5人、埼玉在住の1カ月のリアルな収支内訳
「自分のお小遣い5万円を減らして家族のお金に…」世帯年収600万円・3人家族、47歳男性に聞く生活実態
2人で年収750万円の都内同棲カップル「家賃10万円、水道光熱費3万円」1カ月のリアルな収支内訳を聞いた
年金収入480万円の夫婦「贅沢しないで節約を」1カ月のリアルな収支内訳とやりくり術を聞いた
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」