「光熱費値上がり…真冬でも着込んで暖房オフ、食器も水で洗う」世帯年収530万円、4人家族の生活実態

All About編集部が3月30日~4月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、埼玉県川越市に住む、48歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部では、3月30日~4月7日にかけて「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートを実施しました。今回は、その調査結果を基にリアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と比較するなど、参考にしてみてください。
 

世帯年収530万円の4人家族「急な光熱費の値上がりがすごかった」

今回は、埼玉県川越市に住む、48歳女性世帯の生活実態です。

子どもが2人の4人家族世帯で、夫の年収450万円、妻の年収が80万円。現在の生活について、「早めにカードローンと車のローン返済を終わらせたい、後は、今まで色々と子供の学校の役員を行っていたのでもうすこし自分の健康管理を気にしていきたいです」と話します。

家賃や食費、光熱費など、主な1カ月の収支内訳は以下です。

■埼玉県川越市、48歳女性世帯の収入状況と1カ月の主な出費内訳
年収:夫450万円、妻80万円
住宅ローン:8万円
間取り:2LDK
食費:3万円
交際費:1万円
電気代:2万円
ガス代:1万円
水道代(2カ月での請求額):9000円
通信費:4500円
車(ガソリン代、駐車場代、その他維持費など):2万円
その他:カードローン1万5000円

現在行っている家計のやりくりのポイントを聞くと、「急な光熱費の値上がりがすごかったので、真冬でも着込んで睡眠時間だけエアコンを使う、ガスも、食器を洗うときは、ゴム手袋をして水で洗うようにして光熱費は抑えた」と教えてくれました。

今後の展望として、「将来の生活については、PCを使った仕事をしたいです。いままで生活のために仕事をしてきたけれど、今後は自分にプラスになるような仕事をしたいです」と話しました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「物価は上がったのに給料は上がらず不満」年収420万円・都内シングルマザーの1カ月のリアルな収支内訳
「自分のお小遣い5万円を減らして家族のお金に…」世帯年収600万円・3人家族、47歳男性に聞く生活実態
「もう1人子どもほしいが生活が厳しい」世帯年収750万円・子5人、埼玉在住の1カ月のリアルな収支内訳
2人で年収750万円の都内同棲カップル「家賃10万円、水道光熱費3万円」1カ月のリアルな収支内訳を聞いた
年金収入480万円の夫婦「贅沢しないで節約を」1カ月のリアルな収支内訳とやりくり術を聞いた
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望