野口健さん、台風でも富士山登頂を目指す登山者へ「あえて決行するのならば救助する必要なし」悪天候時の登山道封鎖も提言

登山家の野口健さんが悪天候の中、富士山登頂を目指す登山者に苦言を呈し、「異議なし」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:野口健さんのInstagramより)

登山家の野口健さんが8月14日、自身のX(旧Twitter)を更新。悪天候にもかかわらず、富士山登頂を目指す登山者に向け、意見を述べました。
 

【実際の投稿:登山家・野口健、悪天候でも富士山登頂を試みる登山者にもの申す】
 

「『通行止め』制度を取り入れるべき」

富士宮口ガイド組合のXアカウントは14日、「さすがに今から富士山に登るのはマズいと思う…。もうすぐ雨来るし、風も強くなるし、もしあなた達に何かあって助けを求める状況になったら台風が近づく中で救助に向かわないといけない人もいてるんだよ」とつづり、台風が迫っている中、夜間から登頂に向け出発する登山者の様子や天気予報図などの写真を公開しました。
 

野口さんはこのポストを引用し、「台風情報が報じられている中、それでもあえて決行するのならば救助する必要なし」と、苦言を呈しています。続けて、「1番、間違いないのは危険な天候の際は5合目までの道を封鎖すべき。『通行止め』制度を取り入れるべき。強風により体が飛ばされたり石が飛んできて亡くなるケースもあります。何よりも救助隊隊員の生命が大切」と、悪天候の中、登山をする危険性と救助隊員の命の守り方についても言及しました。
 

この投稿には、「異議なし」「その通り!登山は自己責任の世界である事を認識してもらわなければ」「そこまでして登りたい理由が理解できない」「道路の封鎖と山小屋、避難小屋の閉め切りをすべき」など、共感の声が相次ぎました。
 

外国人技能実習生による富士山“弾丸登山”についても言及

13日には外国人技能実習生の富士山の“弾丸登山”について、「これは本当に深刻な問題」とXに投稿。富士山頂で野宿をする技能実習生らに対し、「下界が暑いからと『山頂での野宿しよう』となるのかもしれませんが、しかし、雨でも降ろうものなら、命に関わる。そして、この程度の自覚で登ってくる登山者ほどゴミを捨てていくもの。また技能実習生は大人数でやってくるから、深刻な問題」と、ごみを捨てていく現状に加え、富士山頂での野宿は命の危険につながると言及しました。

 


>次ページ:野口さんのほかの投稿も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】