なぜローソン前に外国人の行列が!? 富士山の新人気スポットでその謎に迫る

富士山の麓で、なぜか最近、外国人の行列ができているローソンが。謎をひも解くべく、訪れていた外国人に直撃インタビュー。富士河口湖町観光連盟やローソンにも取材してきました。

富士山の麓でなぜか外国人が集まっているローソン前。その理由は……

2月23日は富士山の日。富士山といえば、言わずと知れた日本一の高さを誇る山です。2023年6月には富士山およびその周辺スポットが世界文化遺産に登録されてから10周年とあって、山梨県/静岡県でさまざまなイベントが予定されています。
 

そんな富士山の麓で最近話題になっているスポットは、なんとローソン! なぜか連日、コンビニ前に外国人の行列ができているのです。この謎に迫るべく、地元出身の筆者が現地で外国人にインタビュー。富士河口湖町観光連盟やローソンに、このスポットにまつわるうわさを取材してきました。
 

外国人観光客がこぞって写真を撮る新スポット 

山梨県富士河口湖町は、都心から日帰りできる距離にあり、春は桜、夏は夕日に赤く染まる装い、秋は紅葉、冬は雪化粧……と季節ごとに雄大な富士山が変化を見せてくれる町。そんな富士山を見ようと世界中から多くの観光客が集まります。
 

富士山ビュースポットの多いこのエリアに新星のように現れた新撮影スポットは「ローソン河口湖駅前店」。え……コンビニ!? と思いますよね。
 

そう、話題の富士山絶景スポットはコンビニ前なのです。

ローソン前に並ぶ外国人たち

富士急行河口湖線「河口湖駅」から徒歩5分以内の場所にあるローソン河口湖駅前店は、冬の晴れた日に雪化粧した富士山をどーんと背負うロケーション。
 

その絶景をバックに写真を撮れるとあって、朝から夕方までひっきりなしに外国人観光客がローソンと富士山を背景に写真を撮っています。
 

実は地元民には見慣れた光景すぎて、なぜここがこんなに人気スポットなのか当初よく分からなかったのですが、SNSで「富士山がまるで美しい屋根のよう!」という投稿があり「なるほど」と納得しました。
 

しかし、新型コロナウイルス前の観光客が多かったときも特にこんな現象は起きていなかったはずです。どうして今、人気スポットとなっているのでしょうか?
 

さらに、この「駅前のローソン」でSNS投稿をしている大半は、アジア圏の外国人。一体、なぜ……? どのようにこのスポットを知ったのか? 好奇心を抑えきれず現場へ行ってみました。
 

>次ページ:直撃インタビュー! 「YOUはなぜここで撮影を?」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない