「もう生活ができません」へずまりゅう、未払いの携帯料金“27万円”を「誰か貸してもらえませんか?」と呼びかけ

元迷惑系YouTuberのへずまりゅうさんが携帯料金未払いにより、多額の請求があったと明かしました。「27万円誰か貸してもらえませんか?」に応える人はいたのでしょうか?(サムネイル画像出典:へずまりゅうさんの公式Xより)

元迷惑系YouTuberのへずまりゅうこと原田将大(以下、へずま)さんが8月12日、自身のX(旧Twitter)を更新。ソフトバンクの携帯料金未払いにより、弁護士から受任通知兼請求書が届いていたと明かしました。
 

【実際の投稿:へずまりゅう、1年半放置していた携帯料金の未払い金に「誰か貸して」】
 

「迷惑系で食えないことを証明しました」

へずまさんは、「もう生活ができません。1年半前にソフトバンクの弁護士から催告状が届いていました。27万円誰か貸してもらえませんか? 料金が跳ね上がってたら脱ぐかもしれないです。迷惑系で食えないことを証明しました。明るい日本になることを願います」とポスト。投稿には弁護士からの受任通知兼請求書の写真も添えられていますが、同書の日付は2022年1月18日になっています。現在は一体いくらに膨れ上がっているのでしょう……。
 

このポストに、配信者のkimonoちゃんや、YouTuberで配信者のコレコレさんが所属するライバーの元会長・飯田祐基さんが「いいよー」と反応。さらに、へずまさんが勤務するリオグループの常務取締役も「貸しましょか?」とメッセージを送っています。コメントでは、「100万の給料貰ってるなら余裕なんじゃ?」「どんな金の使い方してるですか?」「催促状が去年なのを今更どうしろと言うんでしょうか?」「家にある物を少しでも売ればいい」「支払い期限内に支払わない輩は借りても返さないでしょ」「そんな額も無いの…」など、手厳しい意見が相次ぎました。
 

34歳迎えた配信王に、借金懇願も……

同日、34歳を迎えたコレコレさん。12日の22時過ぎより、ファンから届いたプレゼントを開封する長時間配信をしていました。日付をまたいだ13日の午前5時、同配信にへずまさんがゲストとして登場。そこでへずまさんは、「個人的なお願いです」「お願いします! コレコレさん!」と言いながら土下座をしてコレコレさんから何とかお金を借りようとしましたが、「僕はダメです」とバッサリ。そんなへずまさん、近日中に27万円と延滞料も含めた請求を支払うことができるのでしょうか。続報を待ちたいですね。
 



>次ページ:コレコレさんとへずまさんの2ショットなどを見る!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」