意外と知らないグルメのひみつ 第39回

桃みたいな「プラム」「ソルダム」「ネクタリン」の違いとは? 桃の仲間はどれ? 味や特徴を解説

桃が出回ると隣同士で並べられることが多い「プラム」「ソルダム」「ネクタリン」。桃とよく似ていますが、プラムとソルダムはすももの一種、ネクタリンは桃の一種なんです。分類とともに、特徴や味わいなどを詳しく紹介します!

プラム、ソルダム、ネクタリン
左からプラム、ソルダム、ネクタリン

スーパーに桃が並びだすと隣同士で見かけることが多い「プラム」「ソルダム」「ネクタリン」。色や大きさは違っても、桃と似たような形をしていますよね。それぞれどう違うのでしょうか? 分類とともに特徴や味わいなどを詳しく紹介します!
 

「プラム」はすももの英語名! あんずや梅の仲間

同じバラ科ですが、桃はモモ属、プラムはあんずや梅と同じサクラ属に分類されます
桃とプラムは同じ「バラ科」。桃はモモ属、プラムはあんずや梅と同じサクラ属に分類されます

桃よりもひと回り小さく、ツヤツヤの紅色をしているのが「プラム」。見た目は桃によく似ていますが、中国原産「日本すもも」の品種の1つで、プラムはすももの英語名なんです。皮は薄く、ツルッとしているのでそのままガブッと食べられます。
 
「大石プラム」の断面
「大石プラム」の断面

国内での生産量が最も多いのが、この「大石」と呼ばれる品種。少し硬めの果肉は黄身がかった色合いでたっぷりと果汁が含まれており、桃よりも酸味が強め。シャクッとした食感と、爽やかな甘酸っぱさが楽しめます。また、皮は酸味が強いので、酸っぱいのが苦手な人はむいて食べるのがおすすめ。また追熟が進むと酸味が和らぎ、果肉も柔らかくなるので、買ってきたら2~3日程度常温で置いておくのが良いかもしれません。
 
ちなみにすももは上記の「プラム(日本すもも)」と西アジア・コーカサス地方原産の「プルーン(西洋すもも)」に分けられます。プルーンは細長い形で紫色がかった色合い、強い甘味が特徴。ドライフルーツの印象がありますが、生でも食べられます。
 

「ソルダム」はプラムの品種の1つ。赤くなったら食べ頃に

購入翌日の「ソルダム」
購入翌日の「ソルダム」

続いて紹介する「ソルダム」もプラム(日本すもも)の仲間。先ほどの大石プラムに比べると少し小さめで、写真のような緑がかった色合いで店頭に並ぶことが多いです。このまま食べるとかなり酸っぱいのですが、完熟すると果肉まで真っ赤に変わります。そのため購入後はしばらく風通しの良い場所で常温保存し、赤く変わってから食べるのがおすすめです。
 
この後、熟すと果肉まで赤くなります
この後、熟すと果肉まで赤くなります

写真は購入翌日のソルダムです。皮はまだ緑色が強いものの、カットすると半分ほど赤みが差した状態でした。食感はプラムと似ています。シャクシャクとした硬めの食感から追熟が進むほどに柔らかくなり、マイルドな酸味に変わっていきます。皮は薄いので、そのままガブッと食べるか、またはカットしてサラダと合わせたり、ジャムなどにしたりするのもいいですね。
 

すももに似ているけど、実は桃の仲間の「ネクタリン」

桃とそっくり、ひと回り小さくしたような「ネクタリン」
桃より皮が赤く、ひと回り小さくしたような「ネクタリン」

「プラム」と「ソルダム」は桃ではなく日本すももの品種の1つでしたが、「ネクタリン」は桃の品種の1つ。見た目は桃にそっくりですが、皮は少し赤めでサイズは少し小さめ。また皮の表面に柔毛がほとんどないのが特徴です。
 
黄色っぽい果肉で、濃厚な甘味が楽しめます
黄色っぽい果肉で、濃厚な甘味が楽しめます

果肉は桃よりもやや黄色味ががっています。濃厚な甘味で、果肉はやや硬めでしっかりした食べ応えあり。皮ごとでも食べられますが、少し硬めなので口の中に若干残る感じがあります。気になる人はむいて食べるのがおすすめです。
 
左からプラム、ソルダム、ネクタリン
左からプラム、ソルダム、ネクタリン

プラム、ソルダム、ネクタリンを並べてみると、大きさ、皮の質感、果肉の色など違いがよく分かりますね。
 
ちなみに、3種類とも桃の切り方とほぼ同じでOK! ただ、ソルダムとネクタリンは桃よりも果肉がやや硬いので、種を出すときは種周りに包丁でぐるりと切り込みを入れてからスプーンなどを差し込むとうまく取り出せます。
 
いずれも夏が出荷最盛期! それぞれを食べ比べしてみるのも楽しいのではないでしょうか?


この記事の筆者:田窪 綾 プロフィール
調理師免許を持つフリーライター。総菜店やレストランで8年ほど勤務経験あり。食分野を中心に、Webや雑誌で取材やインタビュー記事作成、レシピ提案などを行う。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」